愛しいコたちを綴る

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 大切な思い出
CATEGORY ≫ 大切な思い出
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

大地と渚、先々代猫ミッキーの慰霊祭

年2回の慰霊祭に行ってきました。
(20150927)

取り急ぎ、画像だけ!
IMG_20150927_130804.jpg

IMG_20150927_130246.jpg

IMG_20150927_130816.jpg

IMG_20150927_130626 (640x480)


金木犀が香る、秋空、
1年も経たずにFIPで亡くなった大地*と渚*、
思いっきり抱っこもしてあげなかった。
ゴメンね。今でも忘れた事はない。。。。
**オークション仔猫を救いたい


スポンサーサイト

大地と渚に会って来ました。

9/14(日)
大地と渚に会いに行きました。
2004年に保護して里親さんを探していた猫。
詳細は、コチラ と
経緯については コチラ

20140917091628edf.jpg

2014091709173117a.jpg


青い海、緑に囲まれ、
静かに眠っています。
2カ月ぐらいしか生きられなかった命。
ここで過ごす方がずっと長くなっちゃった。

大地、抱っこしてあげられなくて
本当にゴメンね。
今でも後悔している。
大きな手だったから
きっと大きなコになったはず。
また来るね。

猫友さんの死

さきほど、猫友さんが亡くなった事をしりました。
南相馬に住んでいらしたわかにゃんさん。

震災と原発事故で飼い主さんと別れ別れになったコたちの、
■「福島 被災保護動物リスト集
第一便・第二便・第三便・第四便・第五便(最終便)」
を製作されていました。
このおかげで何匹の犬や猫が飼い主さんと再会できたでしょうか。

病気と闘っていることはblogで知っていましたが・・・
もっともっと生きていてほしかった。

わかにゃんさんが大事にしていた、
ワンコとネコさんの里親募集をしています。
もし、家族に迎えることができる方がいましたら
ぜひ、わかにゃんさんの家族を迎え入れてください。

原発の事故さえなければ、
わかにゃんさんは元気で過ごしていたはず。
たくさんの悲しみを見てきたからこそ、
強くもあり、優しくもあり、それでも、
折れそうになった時もたくさんあったと思う。

わかにゃんさんから年末にお手紙をもらった事がありました。
その文章が、切なくて読みながら涙があふれました。
-------
降る雪を見ながら、今年ほど暖冬を願う年はありません。


これ以上の悲しみがもう起きないよう、
そして日々良い方向に向かうようにと切に願います。


皆様にたくさんの幸せが降りそそぎますように!

ありがとう、ありがとう。
たくさんの命のために。。。
ゆっくり休んでください。

秋の動物慰霊祭です!

今日は年二回の動物慰霊祭。

先々代猫ミッキーと、
飼い主から見捨てられたウェウ君、
それから、FIPで短い一生を終えてしまった、
渚と大地に会って来ます!!

渚、大地、待っててね~!

2013春季動物慰霊祭(大地と渚)

4月14日(日)
恒例の動物春季慰霊祭がありました。
201304慰霊祭5


minna-1.jpg

クリックすると大きくなります
上段左から≪大地、空、汐音≫ 
下段左から≪渚、華音、奈々≫


先々代猫:ミッキーと
オークションに出されそうになった仔猫、
大地と渚が眠るお寺。

2003年・・・
生まれた仔猫を
どんどんとオークションに出していると
猫友さんの間で問題になり、
救出に行こうと言う事になり、
出品者とコンタクトを取り、
母猫は避妊手術をしてリリース、
その年に生まれた仔たちは保護して里親募集を・・・
誰もが軽く考えていた。

リリースには、
大学猫さんで知られている
saoriさんが現地で行ってくれた。

保護に関しての相談は、
Love&Peaceの前身の団体にいた
Ruuさんが乗ってくれ、
順調に進むはずだった...

ところが、
7匹の仔猫のうち、1匹は保護中にショック死、
一番に里親さんが決まった空君はパルボで亡くなり、
連れてきてからずっと具合の悪かった大地がFIPで旅立つ。
大地の分まで生きてほしいと願った兄妹の渚も、
突然FIPを発症して、
あっという間に短い一生を閉じてしまった。
里親さんが決まり、先住猫さんに可愛がられ、
幸せに過していた汐音も1年後にFIPを発症して、
生きてほしい!!との願いも虚しく、
短い猫生を閉じた。

劣悪な状態で産まれ育ったため、
どのコも極端に健康状態が悪く、
治療費や薬等2ヶ月で3-40万近く掛かってしまった。

多くの人に支援をしてもらったけれど、
それでも足りなくなり、
一緒に活動した猫友とは、金銭面で揉めて、
喧嘩別れ...

辛い思いと共に、
幸せを掴むために保護したのに・・
と、後悔の思いもいつまでも残った。

同時に、
オークションに生きたコが出されている実態や、
保護の難しさ、いろいろな事を学んだ。

絶対に忘れてはいけない、
そんな思いも込めて、
年二回の慰霊祭には必ず行ってます。

海と山に囲まれたとてもステキなお寺。
ここで大地、渚、ずっと一緒だね。
201304慰霊祭1
獣医師会の方がいたので、
災害時の避難について尋ねてみました

201304慰霊祭2

201304慰霊祭4
この外門の屋根の拡大が下の画像!

201304慰霊祭3
素晴らしい建築!!

201304慰霊祭6
海を見ながら帰るのが恒例ですが、
南風が強く目が開けていられない程...
バスで駅まで出ました


次は秋だね!

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。