愛しいコたちを綴る

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ NO! nuclear
CATEGORY ≫ NO! nuclear
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

涙がこぼれる

先日、仕事を終えて、
急いで電車に乗り込み、なんとか、
なんとか、間に合った。

午後からずっと活動していた、
吉沢さんと松村さんに会うことができた。

午後の牧場から牛を連れてきての抗議は、
参加できなくて残念。。。
けど、福島を朝立って、
長い一日が終わった、
お二人のさわやかな笑顔を見て、
うまく表現できないけど――
自分の人生観をも変えるような熱いものが込み上げてきた。

松村さんの言葉。
この言葉、短いこの言葉は、
胸にぶつかり、そしてストンと落ちていく。

「俺は五代目(六代目?)だが、
俺の子供は富岡に帰れねえ。
風評がどうこうじゃねえ。この現実見て帰れるようにしろ」
フリーランス編集者:渡部真さんのサイトから。
6/20の抗議の様子

心の強さ、優しさとは何か、
改めて考えることができる・・・

また、いつかお会いしたい。
スポンサーサイト

酷い話

中国からの大気汚染や、
北朝鮮の放射性線量など、
大騒ぎしていますが、
開いた蓋を忘れていませんか?

隣国のコトより、
自国では既に釜の蓋が開いて居るのになぁ--
twitter友さんの、座布団5枚の比喩です。

忘れてはいけない。
チェルノブイリと同等、
それ以上の放射線物質を撒き散らし、
2年経とうとしている今でも、収束はしていない。
溜まった汚染水の置き場が無く、
海に流そうとしている。

汚染水---放射線にまみれた水です。
これを恵の海に捨てるのです。
狂気の沙汰としか思えない。

他国の事よりまず自国の汚染をどうにしましょうよ。
狭いに日本、逃げる場所なんてないんです。

ガレキ焼却もこの時期に合わせたのは、
訳あっての事?

NO NUKES!!

いわさきちひろ美術館のサイトから、
こんなステキなステッカーがDLできます!
コチラ → 
nonuke-sticker_a4.jpg


核の犠牲になった日本から、原発は要らないというのは、
当然の事です。


Keep on Fighting !

5日 アーニー・ガンダーセン氏の講演に行きました。

内容は、それなりに覚悟していたと言えども、
非常に厳しく、決して明るいものではなかったのですが、
知恵を持って、現状を変えていく術など、
希望に繋がる話で締め括られた。

記事の題名は、
彼の著作『福島第一原発 ──真相と展望』
に書いてもらった言葉。

「闘い続けて!」

自国の政府よりも
ずっと私たちの気持ちに寄り添って話を続けるアーニーさん、
実際に会えて、良かった。

『福島第一原発 ──真相と展望』
0628b.jpg
公式サイト

メモ

http://www.rerf.or.jp/radefx/uteroexp/physment.html
|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。