愛しいコたちを綴る

2005年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2006年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年12月
ARCHIVE ≫ 2005年12月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2005年12月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

思い起こせば。。。

7dcd70ca.jpg

今年から始めたこのblog。きっかけは、ネコサマ のggさんからの薦めがあったから。そのggさんとはキリちゃん通して知り合えた。ネットを通してこんなに多くの猫友達ができたのも---すべてキリちゃんから。。。

キリちゃん、ggさんの大切な猫ちゃん。いつものようにお散歩に出かけそのままggさんの元に戻らなかった。迷子猫掲示板を通して、ggさんとの交流が始まり--それから、ちょこさん猫ママさん知り合えた。

キリちゃん、こんなに多くの人との輪を繋げてくれたよ。今、幸せだと思うけど、ggさん、待ってるよ。キリちゃんの事、今でも。

どこかで、キリちゃんらしき子を見かけたら、ぜひご連絡をしてください。

迷子の子、保護されている子、それぞれが、幸せな日々が暮らせますように。

 

スポンサーサイト

ララキング君、安らかに。

先日、少し前に気になっていた保護猫ちゃんの名前とともに、『ご無沙汰しています・・・・』と言うメールを受け取った。

何だろう?画像も付いている・・・

メールには私が気になっていたチャトラ、ララキング君の保護主さんが彼の近況を知らせてくれたものだった。

未だチャーチだけの時、なんとかもう1匹、家族にできるかな。。と夜な夜な里親募集のページを見ていた。その時、1匹のチャトラが目に留まり、踏ん切りが付かず、写真だけ見ては気にしていた子、それがララキング君。海岸で保護されたと記してあった。捨てられたのかな。。。

しばらくすると、心臓の疾患があると言うお知らせを目にした。2003年のこと。それからも、ずっと気になって、一度保護主さんにメールをした。その時のことを憶えていてくれて、ララキング君の近況を知らせてくれたのだった。

残念なことに、ララキング君は12/9に、虹の橋を渡ったのだった・・・。

けど---ララ君は、私が気にしていた時も、ずっと保護主さんのお宅で幸せに過ごしていたんだ。。。亡くなった悲しみと、でも幸せでいた事を聞いて嬉しい気持ちが複雑に交じり合った。。。

保護主さんは、『捨てた人は憎いけれどララキングと出会えて私はとても幸せでした。』と書いてあった。

ララキング君、どうか安らかに。そして保護主さんのOさんに出会えて--ララキング君は幸せでしたね。。。

本当に--改めて保護活動に感謝の念を伝えたいです。f100b505.jpg

とってもゴージャスなララ君。ララキングくん

 

  

 

                                                             保護主さん宅で寛ぐララ君。

☆にゃーう君が待っています☆

184981b3.jpg

12/19の記事ですが、一度上げます

東京都動物愛護相談センターに収容された子たちを里親に出す活動を続けているCATNAPさん 

ここで保護された=救い出されなければ殺処分=1匹の猫ちゃん、にゃーう君!現在プーヤンさん宅にて里親さんを待っています。

プーヤンさんのblogで、にゃーう君を初めて見た時から、とっても気になり---早く素敵なおうちが見つかるように・・・私も微力ながら何かできないかと・・・ここでご紹介する事にしました。

プーヤンさんちの猫さんとも、とても仲が良いそうで、あとから来た保護ちびニャンのお世話をしたり遊んであげるなど、性格◎な、にゃーう君の様子を、ぜひご覧ください

画像は、プーヤンさんの日記よりお借りしました。チャイ(チャとら)君と寛ぐにゃーう君左の白猫さん)

マイキーニャンタクロースさんからのプレゼント☆

  /⌒○
 .(二二二)
 .(・ω・` ) ゴソゴソ
(( o ; と )
(__ノ―J

 .○⌒\  ドゾ
 .(二二二)
. _.( ´・ω・)
/ .o   つ[猫餌]
(_;し―J

 

マイキー君、プレゼント、ありがとう チャーチもmarも病院通いだったからちょっとだったけど、元気が出たよ  マイキー君もパパンもママンも身体に気を付けて良い年を迎えてね! Cafeteria マイキー さんより。

チャーチの今後。

ALTとASTの数値が高かったチャーチ。症状として表れるほどではなく、食事療法と定期的な検査をしていきましょう---と言うことに。

そこでウォ○サムの療養食のサンプルを頂いて帰宅。ウォ○サムのフードはきっと研究を重ね、優れた商品なのだろう。。。でも人間に使わない酸化防止剤を含有していることがどうしても気になる 微量だから大丈夫というメーカーの説明だけど、なぜ人間に使用しないものを動物に? 規制がないと言えども---やっぱり納得いかない。そしてなぜ人間に使用しないか、考えてほしいなぁ。。。。

これは私のわがままなのだろうか。薬を飲むよりいいと思う。でも、できればより安全な療養食を開発してほしい。

療養食について、情報や疑問などお持ちの方、是非コメントください。

88bca443.jpg寛ぐチャーチ。

この寝顔、いつまでもいつまでも

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。