愛しいコたちを綴る

2008年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2008年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年04月
ARCHIVE ≫ 2008年04月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2008年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

穏やかな休日。

穏やかに朝が来る。一人でちゃんとウンチとおしっこを済まし、ゴハンを食べて、軽く爪とぎをして、そしてmarのいないことを確認してから私に近づいてくる。いつもと変わらない朝。その後は、ほとんどお気に入りのダンボールの中で過ごし、ゴハンも口元まで持っていく。小さくなった身体を見るのが辛い。でもチャーチはいつもと変わりなく凛として過ごす。私だけが弱気になっている。手を添えると撫でて・・!と催促。耳の後ろや顎をさすってあげるとその手の上に頭を委ねる。やっぱり、体が重いのだと思う。それでも、泣き言も言わず、自分の世界を変えず、毎日を過ごすチャーチ。

そんなチャーチが居るのに、ふとあの日に戻りたいと思う。朝は早起きさんで、お腹がすいた!! っていつも起された。元気に階段を駆け上がり、ベランダに出て、ブラッシングして~~!!!って毎日のように催促。その催促を何回、後でね。。。って言ってしまっただろう。もっともっとチャーチのわがままを受け入れてあげるべきだった。marが来なかったら、病気にもならなかったのかなぁ。。そんなことまで頭によぎる。でもすべて、過ぎた事。あの日に帰りたいと思うのは、今のチャーチに対して失礼であり、この現状をしっかり受け止める事が最大の愛情だと思う。

そう思っていても、やっぱり元気だったチャーチをもう一度、ぎゅっとぎゅっと思いっきり強く抱きしめたい。もう一度、元気を取り戻そうよ。チャーチ。。。

2004チャーチ懐古するのはキライ!

でもあまりに可愛かったから・・

スポンサーサイト

今出来る事は・・・

チャーチに今出来る事。少しでも体力はupしてほしいので、とにかく食べる事に専念。もしかしたら、悪玉もそれによって成長するのかもしれないけど、元の体力がなければ、薬にも負けてしまう。

幸いに食欲は旺盛で、一時の倍以上はほしがり、食べてくれる。いろいろ試食の結果、チャオシリーズの白身+こしひかりバージョンが一番のお気に入り。炭水化物は腎臓にも良いし、これなら、無理なくお米も食べてくれる。なおかつ、味も薄く拠り所的缶詰。

悪玉はステロイドで抑えているが、そのせいで元気があるのか---ただ、元気の前借りのような気もして、複雑な思い。何が今出来るbestなのか---選択の幅、決断する勇気、前へ進む気持ち、これが大事だと思う。迷いながらもチャーチの前では迷わず、強く守っていきたい。うそでも強がって、行かなきゃ。

くじけるのは、ここでだけ・・・。お許しください。

一緒にいたい。

チャーチ、いつも傍にいてくれた。そんなチャーチに甘えていたかもね。いつも傍にいることが当たり前になってしまって。でもいつかお別れの日が来るんだね。今から覚悟しておかないと。乗り越えられるかな・・・チャーチが居なくなる事に。耐えられるのかな---チャーチに会えなくなることに。自信がないよ。でも、しっかり強い気持ちを持って最期までずっと傍に居るよ。がんばるね、だからチャーチも辛くない所までがんばってほしい。まだまだ一緒に居たいもの。あんなにがんばって入院から元気になったのにね。もっと手ごわい病気に取り付かれちゃったね。きっと、私が悪いんだよ。もっともっと気をつけていれば、チャーチをこんな目に遭わせなかったのにね。許してね... 今日も隣で一緒に寝ようね...

チャーチ---大好き。

愛するという事。

数年前、猫とは異なる事でネットで知り合いになったEさんのBlogで、愛犬を亡くされた思いを次のように書き綴っていた。私はその言葉に、ふっと気持ちが楽になれた。愛するという事。だからこそ、幸せの時間もあり、悲しみの時間もある。
~~
愛するものと一緒にいられる時間は
限りがあるんだということを
どうか、心に留めていてくださいね。
精一杯愛しても、きっと後悔は残る。
愛って、そういうものかもしれない・・・。
~~

4/24 チャーチ

チャーチが新たにわかった病気は、消化管型リンパ腫(腸管膜リンパ節に腫瘍ができる・・)。体重減少はそのせいだった。入院後、便が黒くなり気になったのだが、薬のせいか? 腎不全により、腸管から多少の出血もある・・などにより、それ以上気にとめていなかったけれど、症状の1つだったように思う。3月の慢性腎不全の悪化から体力が落ちたことで発症したのかも---と言い逃れをしたくなってしまう---早く見つけてあげられなかった事に対しては、とてもとても悔しい思い。

今のチャーチの体力から抗がん剤はリスクが高すぎるため、ステロイド剤で病巣を増やさないようにする治療を始める。ただし、細胞にも2種類あって、抗がん剤もステロイドも効かないものもあるとの事。細胞診にて、現在検査中。

甲状腺機能亢進症から腎臓の治療、そして伴う心臓への配慮、まさか、こんな病気を発症していたとは・・・触診で発見した担当医も治療中一瞬言葉を止めてしまった。

後悔しても仕方ないけど、もっと早く見つけてあげたかった。

ステロイドによる効果が表れる事をとにかく願う!がんばれ!チャーチ!!

まだまだ元気なチャーチと一緒の時間を過ごしたい。毎日、『ごはん、ちょう~だい!』ってねだるチャーチの顔を見ていたい。チャーチ、いつもでも私の傍にいてほしいよ....

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。