愛しいコたちを綴る

2008年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年07月
ARCHIVE ≫ 2008年07月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2008年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

8月が始まる!

7月も終わる---よりも、8月が始まる! の方が、ポジティブですね。

デジカメが壊れてしまって、まだ新調できず、パパさんに借りてmarの可愛い寝姿を撮った---にもかかわらず、「探してもカードに入ってないよ~。」 せっかくあんなに可愛い姿を撮ったのに! 再度、カメラを借りて撮影。そのまま、pcに画像を取り込む折、あるじゃないですか! 前に撮った分。どこを見て、「ないよ~」って言っていたのか.... 「オレって、なんでも使いこなせないからさ~」とまたまた暢気な返答が戻ってきた。  大事なんだよ。今この一瞬を残して置く事って。 今日の画像を2008_07のフォルダに残した。そこには、当然の事ながら、mar君の写真しかない。いつもなら、同じ数だけのチャーチの写真もあるのに。 大事なんだよ・・・写真を残せるってことは、そこに存在することなんだから。これからのフォルダにはチャーチの画像がない。やっぱり居た堪れないほど寂しい。あの子に会いたいと---marの写真を見ながらまたまた叶わぬ思いを強くする

mar。きmar-1みのノー天気さ、大好き。チャーチの分まで傍に居て。チャーチの分まで愛するよ。

ウ~ 短足。

うらめしや~のお手手。

 

mar-2

 

 

 

 

mar-3

幼い顔に胸キュンのカワイさ。。。

 

 

 

 

-------チャーチの知らない時間が増えていく。チャーチのいない思い出が増えていく。なんだかとても後ろめたい気持ちになる。当たり前の事なのに、チャーチに申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

チャーちゃん、私の毎日をどこかで見ていてほしい。私の時間を共有していてほしい。一緒に居た時と同じように、私の傍で、時間を空間を共にしていてほしい。あなたの居ない時間が増えていくのが辛い・・・

スポンサーサイト

週末。

趣味と勉強の延長にある私の(猫以外の)大切な時間。 活動のため斑尾高原まで。20080726

しばしチャーチの事を思い出さずに過ごす時間。少し気分も落ち着いた。

それもつかの間---

marを実家に預け、帰宅と同時に迎えに行くと両親が「チャーチはいつも一緒に食卓を囲んでいたけど、marは知らん顔していたわよ」

そうか・・チャーチは実家ではここでの自分らしい時間を過ごし、特別可愛がられていたんだ。チャーチの方が可愛かったって言う言葉にとっても気持ちが落ち着いた。わが家に来てしばらくは、嫌な事があると外に行きたがっていたし、いつも、一定の距離を置いていたけどね。。。私の母や父には、私以上にわがままに振舞っていた。もう1つのお家ができて、チャーチは幸せだったね。今日は、謝らなくても良さそう。チャーチ、幸せに過ごせたよね。みんなのおかげ。 mar君、きみと過ごす時間はまだまだあるからね。。。

書く事で・・・

チャーチ。どんなに切願してもチャーチに逢える訳でもなく、いくら謝ってもチャーチに届く訳でもなく・・生きている時に果たせなかった事は、もう、どんなに足掻いても後悔という言葉でしか表せない。亡くなって行った子をいつまでもいつまでも追いかけていても、何も形にならないだろうし----。それでも、チャーチに会いたくて、出来る事なら、どの場面でも良いからチャーチの意識があった時間、10分でも良いからほしい。もう一度、チャーチを抱きしめて謝りたい。時間が経てば、少しは薄れるかと思っていたけど、元気なチャーチの写真を見ても、病気になってからのチャーチの写真を見ても---できれば、出会ったときに戻ってもう一度、チャーチとの生活をやり直したい。3つの病気の予兆は今にして思えばしっかりとあったのに、私の希望的観測のせいで見過ごしてしまった。

ダメだ・・・今日は罪悪感に陥って、チャーチの写真を正視できない。私のチャーチの対する愛情は偽りだったのかも知れない。 チャーチ、今のこの思いは当然の報いなんだろうね。

でも、チャーチの寝顔を見ると、救われる思いになる。  

そして、こうやって書く事で、気持ちを落ち着かせています。 

チャーチ、こちらは猛暑です。どうか、ちゃんと涼しい所を探して過ごしてくださいね。ゴハンもしっかり食べていつものように過ごしてください。

母と語る。

母と先代猫の想い出を語った。そしてチャーチの想い出も・・

--ミッキー(先代猫)が死んだ時、逢いたいと思った?

--逢いたいというより、死んだ事が信じられない感じで、
しばらくは、そばにいる様な気がしたわ。
ホッとした気持ちも1/3ぐらいあったかなぁ...
てんかんが合ったから、その発作を見ているのが
辛かったし、いない時一人でなった事とか考えると、
心配だったしね。。
だんだん酷くなっていたからね・・・
一度は、タオルに爪が引っかかって、
ぶら下っちゃった時もあったでしょ。

(そんな事があったなんて..記憶になかった。不覚!!)

--私はチャーチに逢いたい。

その言葉には黙って聞いていた。

母は、ミッキーの事を本当に大事に大事に面倒をみていた。
ミッキーも母としか寝なかったし、
母以外の家族は自分以下だと思っていた。
ゴハンには、
キャベツとニンジンが細かく切って茹でたものが入っていて、
いつも家で一番温かい所、
一番涼しい所をミッキーの場所にしていた。

その様子を見て私も、
チャーチの事もあんな風に大事にしようと思ったものだった。

でも、私は後悔が残っている。
母のように自分を犠牲にしてまで
チャーチと向き合わなかったような気がする。

チャーチの介護がいつまで続くか、
不安に思ったし、
仕事があればチャーチを置いて出かけた。

母のような一途な愛情を、
私はチャーチに持っていなかったのかもしれない。
大好きだったけど、自分の事を優先にした・・・

今でもチャーチに謝りたいことがたくさんある。

チャーチ、ゴメンね。私をたくさん恨んでいいよ。。。

夏本番!

暑い・・そうか、夏の暑さってこの不快さだったんだと、髪の毛から足の指の間まで体感中。。。でもエアコンの部屋にいると脚がだるくなったり、お腹が冷えたり、どうも体調が悪くなってしまう。と言う事で、エアコン無しの温室のような部屋で過ごしています。

2日ほど前、連れ合いに『寂しい。チャーチに逢いたい。』と漏らしたら 『仕方ないでしょ。それにそんなこと言ったらmarがカワイそう・・・』と、いつになく?気の利いた返事が返ってきた。----そうだよね。marが居るのに・・。いつもそばにいるmarに申し訳ないよね。 そのmar、頻尿やイタズラ、2階でギャーギャー叫ぶように鳴いていた行為はパッタリ無くなった。チャーチに焼きもちを焼いていたんだね。チャーチはmarに嫉妬していた。 お互いの存在がストレスの要因になっていた・・・本当にレアなケースだと思う。こんなに仲が悪いのも。 でもそのストレスが、チャーチもなくなり、marもなくなった。残されたmarをチャーチの分まで愛していこう。     チャーチ、いいよね?今でもあなたを愛するのと同じようにmarも愛し続けていくよ。もう嫉妬しなくても大丈夫だよね。    チャーチ、今日も夢で逢おうね。

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。