愛しいコたちを綴る

2009年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年01月
ARCHIVE ≫ 2010年01月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2010年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

大人猫さんの魅力

ひょんな事からお知り合いになったhoneyさん。
2003年に初めてお会いして、
その後もステキな新居にオジャマしたり、
猫の事を相談にのってもらったり・・・
私がネットを始めた直後からの古い猫友さん。
お勤めをしながら、個人で保護活動をしています。
お子ちゃま猫もいますが、今は大人猫さんも募集中!
大人猫さんの里親募集は難しいと言いますが、
私は大人猫さんが大好き。
自分をしっかり持っていて、譲らない頑固さと、
共存しようとするしなやかさ、
両方を兼ね備えています。
友であり、頼れる姉だったり、
可愛い妹(弟)のような存在だったり...
愚痴を聞いてもらったり、悩みを話したり・・・
大人になってからだって、
十分にコミュニケーションは取れるし、
小さい時から一緒にいるのと同じような関係は、
問題なく築けますよ

是非、見てね
クリックしてね 大人猫さん

スポンサーサイト

幸せ☆


幸せだね。何でもない午後のひと時。
寝ぼけ顔のmar、大好き。
marに甘えるチャコ、あなたの事も大好きよ

チャーチもここでよくネンネしてたね

嫉妬

201001_一緒
出先から帰ってきたら、こんなになっていた。
網戸越しに撮影。

201001_一緒2
満足そうなmar

201001_一緒3
チャコは本当に優しい子


「ネコの気持ち」と言う本を読んでいたら、
"猫は焼きもち(嫉妬)をしない"と書いてあった。
これは間違いだと思う。
チャーチもmarもとっても嫉妬深く、
その表現の仕方もまったく異なっていた。

=以下 私の代弁、心の読みです・・・=
チャーチはmarが来た時、私の指をガブガブ噛んで、
「何であんな子が家にいるの?私はイヤー!!!」
その上、イヤでイヤで家出をしそうになった。
あのまま外に出していたら帰って来なかったと思う。
その後も、
ドアの陰からじと見をしては、私とmarの様子を伺っていた。

marはチャーチを抱っこしていると、
後ろから背中目掛けて走りジャンプし、
腕の下から出てるチャーチの尻尾に噛り付いて
「ダメダメ・・・・!ボクを抱っこしてくれなきゃダメー!!」

チャーチに付きっきりの看病をしていたら、
膀胱炎を起し、あげくに動かなくなったチャーチに馬乗りして、
野獣の顔でチャーチの首を噛んだこともある。
今でもチャコが布団でゴロゴロ言ってると、
「あれ?チャコ?どこにいるの?
まさか、ボクの場所、取っちゃった訳じゃないよね?!」
布団で姿が見えないチャコを探し始める。

こんなに仲が良くても、marはチャコに嫉妬する。
いつでもmarを優先にしてるのに---

最近チャコは、marがいないところで甘えます。
これも、チャコの置かれてる立場と、
微妙な心の動きを表してるように感じてます。

専門書に近い本でも猫の気持ちを読めないのは、
猫の表現が多様で、ストレートじゃないからなのかなぁ。
でも本当に猫が好きで、
目の動きや耳の動き、尻尾の様子を見ていれば理解できる。
人間が、特に子どもが抱くような感情は猫にもあると
私は思っています。

daisuki
いつでもチャーチを優先にしてきたけど
marのわがままには困ったね…
ゴメンね、チャーチ。


猫は、嫉妬深い---私の中での結論です。

追記)
チンパンジー 自分の名前を認識、脳波実験で確認
とのニュースがありましたが、今更何を?って言う感じ。
猫だってしっかり把握してるし、
わざわざ実験しなくても分かるような事なのに…
愛情を持って一緒に過ごせば分かるようでも、
いまだに猫は人に懐かず、家に付く---
と信じている人も
猫の心を読もうとしない人は飼う資格がないかも。
わが連れ合いもそうだけど---

パンプキンチャコ

201001パンプキンチャコ
大きく育ちました


明け方になると
そっーと枕元に来て、
ニャーと鳴き、一緒に寝たい--と言います。

殺処分に関わる税金。

>maco*さん、bbsに書込みをありがとう!

☆コメントでエラーが出てしまう時は、
お手数ですが、bbsに一言残してください☆

昨晩、朝日TV系で、
ペットの現状についての番組をしていました。
いかに日本が先進国と言いつつ、先進していないか、
改めて知る機会となりました。

ハイチで大勢の方が犠牲になり、
また国内では政治不安など、こんな時にペットの話?って、
思う人もいると思います。

ただ、猫が好きとか犬が好きとか、
そういう視点ではなく---
私たちの税金59億円(民主党議員の話)が使われています。
殺処分に関わる経費。

同じ税金を使うのであれば、
年間50万匹(同じく番組出席者の話)を生き物として、
尊厳する形で使ってほしい。
生命を大切に思う気持ちって、
結局は人の生にだって繋がる事です。

番組出演者の中でも、代々同じ犬種を飼ってる
(どう考えてもお金で買った犬)
人等もいて、50万匹殺されている現状を知りながら、
それでも好きな犬種を買う…
これが人間の身勝手さなのかな---と感じました。

ドリームボックスに引きづられる、
茶色のワンちゃんの後姿は目に焼きついています。
保護活動されている人は、
あの中で命の選択をしなくてはいけない、
辛い辛い選択をしながら多くの子の命を救っている
感謝しても感謝してもしたりないです。

ドイツで出来る「殺処分をしない」を実現させるのは、
お金の問題ではなく、意識の問題です。
政治家の意識も高まらなければ、
それをバックアップする法律も出来ないのですから....

感じたことを綴ってみました。
皆さんのご感想など、ぜひコメントください。
|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。