愛しいコたちを綴る

2010年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年03月
ARCHIVE ≫ 2010年03月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2010年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

幸ちゃんの幸せ

act_heart01_20120312234001.gif里親さん、決まりました!

"いつ里"に可愛く佇むミケちゃんの姿が---
きになってクリックしました。
幸ちゃん
さっちゃん
目にハンディがある---いえいえ、個性です!
marもチャコもいつも目ヤニがたっぷりついています。
寝ているタオルも茶色のシミが...
毎日お目目を拭く時には、
特別にスキンシップします。
そんなこんなすべてmarだし、チャコ。
marはケガの後遺症で歩き方に特徴があります。
でもそこがまた可愛いのです。
私にとってハンディは個性です。

女の子らしい優しい表情の幸ちゃん、
どうかステキな家族見つかりますように!
微力ですが応援しています
詳細はコチラ
飼い主探し隊さまのblog内です。
可愛い幸ちゃんを是非見てくださいネ
スポンサーサイト

寒い日の楽しみ方

寒い日の楽しみ方。
昨晩の寒さで、チャコはずっと枕元、
首の上で寝てました。
明け方は布団の中に来て、脇の下に収まって熟睡。
marはと言えば---
いつもの如くオマタの間です

チャーチとmarは仲が悪かったから、
別々に暖かい場所を作ってあげてたけど、
marとチャコは一緒!
アンモナイト

いつもチャコに甘えるmar
201003marとチャコ

いつもながら---
ありがとね、チャコ。


2年前の今頃....
腎不全から何とか良くなって退院したチャーチが、
春の日だまりでよく寝ていた時期です。
そのあと、もっと怖い病気になる事も知らずに、
ほんの一時、幸せな日々を過ごしていました。

チャーチ、元気にしてますか?

寒かった3月の終わり

とにかく寒かったです。
暖房もMAX! 電気代が怖い
寒いのは大嫌い!! ケド・・・・
寒いから楽しい事もある。


marのこんな姿を見れたり
(温かい風の下でまったり

パパさんのお腹はモミモミのやり甲斐あり
その上ホカロンのように暖かいし
201003mar_2.jpg
日曜日は、ほぼパパっ子のmarでした

クネクネmar


marはやっぱりイタチ科みたい

今でも思い出します

mao_chan

今でも忘れられない。。。
何年前だったか・・・思い出せなかったけど、
画像のプロパティを見たら2004年になっていました。

一時預かりさんで穏やかに寛ぐmちゃん。
他の子にも優しく、本当に良い子だと、
預かりさんにとても大切にされている様子でした。
まだ里親募集中で、早くいい家族ができるといいのに--と、
日記に書いてありました。
それから2-3日で里親が決まったお知らせが--
あれ...お試し期間はなかったのかな...
っと不思議に思いました。
とても厳しく規定を設けていた保護主さんだったので---

しばらくして、里親さんの日記に、
(里親さん宅の)トイレ=砂の中で、
怖い顔をして横になるこの子の写真がupされていました。
とても同じ子とは思えなかった。
その時の
寂しそうな怯えたような様子、
今でも覚えています。

どうしてもこの子が懐かないと、
日記には里親さんの気持ちが書かれていました。
その文章からは愛情らしきものが感じられなかった...

それから1ヶ月も経たないうちに、
この子はショック死で亡くなったと知りました。
それも---
この子の死への
預かりさんの悲痛な気持ちを書いた日記を読んで・・・

いったい何があったのか、どうしても知りたくて、
私は保護主さんにメールをしました。
見えていることはほんの一部に過ぎないだろうと思ったので。
私はこの保護主さんを応援していたので、
事実はもっと違うんだと、そんな言葉を聞きたくて・・・

ずっとメールの返事を待っていたけど、
結局何も返事はもらえなかった。

とても厳しく酷なことかも知れないけど---
支援をしている人たちに向けて、
何かしらの説明、
もちろん真実をすべて話す必要などありませんが---
何か、納得いく言葉を発してもらいたかった。
そうじゃなければ、
この子の里親募集は何だったのか? と思ってしまう。

預かりさんがこの子に向けて書いた日記の言葉、
ここでは書けませんが、
今でも忘れる事ができません・・・

たくさんの保護猫さんを抱えていれば、
皆同じように幸せになれないかもしれない。
それでも、多くの人の支援や協力のもと、
里親さんの所へ行ったのなら、
せめて野良猫さんの時よりは幸せになってほしい。
幸せになれなかったら、どこにその理由があったのか、
知りたいと思うのはいけないことですか...?
|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。