愛しいコたちを綴る

2012年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2012年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年02月
ARCHIVE ≫ 2012年02月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2012年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

キティちゃんのハンドクリーム

お薦めグッツ、
限定販売、キティちゃんのハンドクリーム!
web shopへ

太陽油脂さんから発売

器械で押さえつけて、
ウサギの目に薬品を入れ、
安全性を確かめるような商品は要りません!

スポンサーサイト

トトロ君、虹の橋へ

浪江町で取り残されたコ、トトロ君。
保護団体に救出され、
その後クミコさんという方が
飼い主さん捜しをしていました。

多くの方の善意で
トトロ君の飼い主が奇跡的に見つかりました。
それからもクミコさんが
病のため余命少ないトトロ君を
手厚く看病をしていました。

そのトトロ君が昨晩、虹の橋を渡りました。
クミコさんのBlogで見たトトロ君、
眠るような穏やかな最期です。

クミコさんは忙しい中、トトロ君の状態を、
ずっとBlogで綴っていました。
Blogの中で見せるトトロ君の表情は、
甘えんぼで穏やかで、
クミコさんとの強い絆の中で
生活していた事が手に取るように分かりました。

短い時間だったけど、
トトロ君は充実した毎日だったと思います。

トトロ君を通して、クミコさんと知り合えました。
クミコさんの温かさに私も触れられました。
トトロ君、クミコさん、
たくさんの優しさをありがとう!!
涙がたくさん出るけど、笑顔でお別れします!

トトロ君、忘れないよー!
totoro_kun.jpg
穏やかな最期の顔、
皆にも知ってほしくて...
クミコさんのBlogからお借りました


ペコちゃんもクミコさんに保護されれば
良かったね...

災害時のペット対策

少し前進しました! 今後置いたまま避難を喚起した自治体は、責任を問われますか?紙の上だけの法律にならないよう、飼い主としてしっかり把握しておきましょうね!  

【災害時のペット対策を義務化、
動物愛護法改正へ】
読売新聞 2月26日(日)12時49分配信

 大規模災害時にペットだけが被災地に取り残されることのないよう、環境省は動物愛護法を改正し、自治体に対処計画を義務付けることなどを盛り込む方針を固めた。

 議員立法の形をとる改正案では、都道府県が定める「動物愛護管理推進計画」に災害時の対応が盛り込まれるほか、〈1〉各自治体が委嘱する動物愛護推進員に、飼い主と行政のパイプ役を担ってもらう〈2〉既存の愛護施設で災害時を想定した人員配置をする――などが追加される見通しだ。

 環境省動物愛護管理室は「地域防災計画でペット対策を盛り込んでいる自治体は多いが、取り組みには濃淡がある。法改正で日頃から備えるきっかけになれば」としている。
----
今までも環境省は同行避難を喚起していたんですが、福島では置いていけと言われた現地の方の話を直接聞きました。どんな事があってもペットを置き去りにしないで、避難場所へ連れて行きましょう。避難場所でのマナーは飼い主としてもちろん当然のこと。トイレの場所など確保できないなど、個人でどうにもならない場合は、積極的に自治体は関わるべきです。人間を助ける方が先と言う意見も出るでしょう。その意見もよくわかります。ただ飼い主にとっては同じ家族です。また置き去りにした事で発生する諸々の事を考えると、同行避難をしっかりした方が、余計な税金もかからないと思います。

【追記です】
一応、こちらにてお知らせ
以前記事にした、
同行避難のパンフレット紹介
ふと思ったのですが、
同行避難には言葉の抜け道があるかもしれません。
大規模災害時のみ同行OK とか、
シェルターを完備している場合だけ とか...

原発事故、残されたコ。

「待ちつづける動物たち」飛鳥新社刊
福島第一原発20キロ圏内のそれから
待ち続ける動物たち*飛鳥新社刊へ
太田 康介 写真・文 公式Blog
※表紙の猫さんはこの後、虹の橋へ...


どこででも起こり得る事です。
その時、あなたはどうしますか?

福岡市内のボランティアさんについて

【情報をお願いします】
福岡市内にて、保健所の引き出しや保護活動を行っている団体、個人の方、いらっしゃいますか? 公式なBlogなどありましたら、是非お知らせください。情報を求めている方がいます。

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。