愛しいコたちを綴る

2012年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2012年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年05月
ARCHIVE ≫ 2012年05月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2012年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

里親募集/甘えんぼな男のコ

里親募集は終了しました。
ご協力をありがとうございました。
詳細はコチラ

ガンバって生きていました。
こんなに小さいのに一人ぼっちで...

寂しかったと思う。
怖かったと思う。
お腹は、いつも空いていた…
だから、仮名;ガリガリ君。
20120526_1.jpg


好きでガリガリだったんじゃない。
思いっきりゴハンが、
食べることができなかったんだ!

でも、もう大丈夫。
Big Familyさんが昨日保護しました。

こんな寂しい思いをしたガリガリ君を
どうか温かい愛情で迎えてください。

詳しくはコチラです!
20120526_2.jpg

◎ 仮名:ガリガリ君
◎ 性別:オス
◎ 年齢:生後4-5ヶ月
◎ 保護場所:小さな集落の一角
◎ シャイで腰の低い男の子♪

またはコメントをくださいね

スポンサーサイト

どうして?

どうしてペコちゃんは、
目撃されなかったんだろうか。

いなくなった一時預かり宅近辺での
目撃情報は結局一件もなかった。

なぜなんだろう...

私はまだ----

ペコちゃんの事が諦めきれない。

ペコちゃん。

昨年4月、
知らない土地に連れて来られたペコちゃん、
一時預かり宅の庭で放し飼いにされ、
たった1日半で迷子になってしまった。

何度か川越や隣市、所沢に捜索に行ったけど、
有力な情報はほとんどなかった。

ペコちゃん、忽然と消えてしまった。

飼い主さんは、ペコちゃんの写真を見るのも辛く、
一年を目処に捜索を終了したいと----
2日前に連絡をもらった。
飼い主さん、電話口ではずっと泣いていた。
私も涙が止め処もなく出てきた。
見つけることができなくてごめんなさいと伝えた。

誰かのせいにすれば、少し救われる気分になる。
でも、ペコちゃんが戻ってくる訳ではない。

一時預かり宅の門の前、180度の景色、
今でも脳裏に焼きつく。

このどこかの方向にペコちゃんは歩き出した。
最後にペコちゃんが歩いた方向、
それだけでも判ればと思ったけど---
結局手がかりは何もなかった。

ペコちゃんの写真はBlogからほとんど削除した。

いくら消しても、毎日見ていたペコちゃんの顔は、
忘れようにも忘れられない。

会った事も触った事もないコなのに、
私の大切なコのように感じる。

もっと早く捜してあげていれば見つかったかも。
もっと頻繁に川越に行っていれば、
手がかりがつかめたかも。
今更何を言っても仕方ないけど、
でも・・・でも… やっぱり見つけてあげたい。

ペコちゃん、
強く強く生き抜くんだよ!!

できたら元気に生きている証を、
私たちに知らせて。。。

カナロコ記事より KDP

神奈川ドッグプロテクション(KDP)」の代表、
hideさんの事が記事になっていました。

カナロコ 5/13
殺処分の犬を引取り飼い主探しに奔走

実は一年ほど前から、
hideさんのオフィシャルでない?
Blogを時々お邪魔していました。
DODGE VANで犬レスキュー
海と山のクレイジー生活


こちらの裏Blogは、
主に保護犬の様子やワンコさんの紹介など。

収容されたセンターでは希望のない、
空ろな顔のコたちも、
hideさんの保護施設に来ると犬が変わったように、
活き活きと表情が明るくなります。
最近の記事から コチラ
時々にチラリと映りこむhideさんの足元を見ながら、
=ジーンズにデザートブーツだったか、
ワラビーだったか、私が好きなスタイル...

こんなにバイタリティーに活動をし、
きめ細かなケアもする男性って、
どんな人なんだろう...と、
想像逞しくしておりました

カナロコさんの記事では
そのhideさんのお顔もバッチリ。
想像通り、カッコ良い方でした

次回の譲渡会の時には、
生hideさんに会いに行こうかな。

お近くにお住まいの方、是非応援してください!

ペコちゃんもhideさんの団体に保護されていれば...
そんな思いはまだまだ捨て切れません。
9_105600.jpg
沢山のワンコに囲まれるhideさん


スミマセン、
お会いした事もないのに、
hideさんと馴れ馴れしく書かせていただきました。

とらマロ☆ネットワーク

とらマロ☆ネットワークへ

さて、
グチはmarとチャコに食べてもらったので、
すっきり。

あの山路さんが殺処分ゼロを目指して、
とらマロ☆ネットワークを立ち上げました!

福島の原発被災地で保護したとらちゃん、
殺処分寸前だったマロちゃんを引き取った山路さんは、
人が変わったように?!
(知り合いでもないのに失礼ですね
殺処分についての発信を続けています。

一人一人の力も大きいけど、
やっぱりメディアに登場する人の影響力は力強い。
これを機に、毎年何万匹も窒息死されているコの
命が繋がる日本にしていきたい。
「なってほしい」と書くと、他人事なので、
やはり、していこうと思わないとね。。。

同時に、
ペットショップで動物を飼う時代にさよなら!

◆山路さんの言葉---(HP/TOP頁よりお借りしました)
殺処分制度は犬猫の問題にとどまらず、”命を尊ぶ”という倫理の問題であり、私たちが暮らす日本社会の成熟度の問題です。弱き犬猫の代弁者となって社会を変えていきましょう。
|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。