愛しいコたちを綴る

2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ 自宅での皮下補給TOPチャーチから学んだ事 ≫ 自宅での皮下補給

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

自宅での皮下補給

皮下補給 乳酸リンゲル液 ソルラクト(テルモ) 朝晩120ccずつ 皮下補給はなるべく時間をかけ、また液が冷たい時は手で温めたりしていました。 

■2006年熱中症時に受診した獣医は、思いっきり(半ば力任せ)輸液を押し込み、針から、液が逆流してしまいました。あまりにもヒドイ・・・!!今でもその時の光景は目に焼きついています。チャーチ、本当にかわいそうだった。ゴメンね。

その他 輸液いろいろ 

疑問1・・・乳酸リンゲル液の乳酸は腫瘍を成長させるとある。チャーチの場合、リンパ腫になった時に乳酸リンゲル液を続けていたのは、問題なかったのだろうか・・。

輸液についてのコメント、お待ちしています。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。