愛しいコたちを綴る

2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOPスポンサー広告 ≫ ありがとう。TOPお別れ ≫ ありがとう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ありがとう。

チャーチ、ありがとう。一緒に過ごした日々、あっという間だったけど一緒に過ごせて本当に幸せだった。チャーチと出会ったのが昨日の事のように感じる。病気で大変だと思った介護の日々も今となってはほんの一瞬だった。もっと、もっとチャーチと一緒に居たかった。もっともっとチャーチのそばに居てあげたかった・・・

チャーチ、私は良いお母さんではなかったね。私のところで幸せだったのかな。。。もっともっと抱きしめてチャーチとの時間を増やすべきだったのに、今頃---そんな事思ってもね。。。チャーチ、もっと一緒に居たかったよ。。。

6/6 朝からいつものように「ウンウン」とゴハンの催促と、おしっこを知らせてくれていた。午前中に薬を取りに行って、帰ってきてから皮下補給をすると、顔が穏やかになって、気持ち良さそうだった。チクっと針の刺す痛みはあっても、やっぱり続けてあげようと再度思っていたところだった。

ベランダでブラッシングをしたり、風に当たったりしばらく過ごして、午後からもう一度ご飯を食べさせ、仕事に出た。

8時ごろ戻り、シートを換えたり、そばで一緒にテレビを見たり、10時ごろ今日の最後のゴハン、鳥のササミをあげた。パクパクと身の3/4ぐらい平らげ、温タオルで顔も拭き、これであとは寝るだけ・・そう思い、日付が変わった12時から1時までPCをしてしまった。寝る支度をしようとチャーチの声をかけた時には、意識がほとんどなかった。1時間の間、私はチャーチを一人にしてしまった・・・最期にチャーチと話をする事が出来なかった。覚悟をしていたと言っても、こんなにあっという間にチャーチがいってしまうとは---思っていなかった。1時からほとんど意識が無く、息が速くなったり浅くなったり、時々、口で息をしたり、瞳孔が開いたり閉じたり・・もうお別れが近づいているとはっきりわかった。2時20分、チャーチ永眠。 チャーチにとっては辛い闘病の日々だったと思う。それでも、やっぱりチャーチともっと一緒に過ごしたかった。

チャーチとの日々、長かったはずなのに、とっても短く感じる。もっともっとチャーチとの時間を持ちたかった・・・。

チャーチ、至らない母だったけど、本当にありがとう。できたら---これからも私のそばに居てね・・・そして1つだけお願い。私の母と父を見守ってあげて。あなたが居なくなって、私以上に悲しむと思う---明日の朝、最期のお別れをしに行こうね。

■応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

----チャーチのいない部屋なんて、考えられない。チャーチのいない日々なんて想像していなかった。チャーチ、まだ一緒にいたい。あなたのぬくもり、あなたの柔らかさ、息づかい、感じていたい。チャーチ、私のところに戻ってきてほしい。 チャーチ、一緒に寝るのは今日が最後になるの?

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。