愛しいコたちを綴る

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 今後。TOP未分類 ≫ 今後。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

今後。

今日は11日ぶりに先生に診てもらいました。相談したい事もあったし・・。

皮下補給が上手くできない---皮膚と筋肉の隙間が少なくなっている、皮膚に弾力がなくなってきている故。それでも、続けた方が良いとの事で、ステロイドと抗生剤(ビクタス)続行。なんとか、負担にならないよう上手に針を刺したい。排尿は自然に出るので心配はない。排便は食べている間はこれも自然と押し出されてくる--指針は口からの食事。 驚くほどに食欲はある。もどす事もなくひたすら食べる姿はあっぱれ!! 薬の副作用を通り越して、やはり野良時代の辛かった記憶からの脱却、本能のように思える。 

這ってでも行っていたトイレは、すでに動けないため寝たまま。トイレシートの活躍に大感謝。これがなかったら、チャーチはおしっこまみれになり、匂いもしみ付き、私も精神的にまいっていたと思う。おしっこ後、シートを取り替える際に体位を換え、温タオルで拭き拭きとマッサージ。文句も言わずされるままなので、気持ちがいいのだと思う。チャーチの思いと反したケアをすると、『ニャー!』と文句を言うので、ある意味助かります

少し前の、麻痺を起した手足のまま床を這いずり回っていた時期が一番辛かった。その姿は目に焼き付いているけれど、ふと頭に浮かぶチャーチは、座って見返る姿。もう座るチャーチも歩くチャーチも見ることが出来ないけど、それでも私の中では家を自由に行き来する姿が浮かぶ。今でも寝ている姿は、以前と何も変わらず、ムクっと起きてゴハン!!って擦り寄ってくるように思えてならない。これからも変わっていくチャーチの姿を見ながら、どのチャーチを頭に浮かべたらいいのか・・そんなどうでも良い事を何度も考えてしまう。どの姿もみなチャーチに変わらないのに。先代猫が亡くなった時は元気な姿を思い出せず辛かったけど、今は、元気なチャーチの姿を思い出す事に罪悪感を感じる。 

チャーチと---いつまでも一緒にいたい。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。