愛しいコたちを綴る

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 考えの相違。TOP未分類 ≫ 考えの相違。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

考えの相違。

先日、チャーチを病院に連れて行った時のこと。-----猫の薬を取りに来ていた飼い主さん。『あまり猫が好きじゃないけど、雪の降る日にビニール袋に入れられて捨てられた子達。そのままにして置いたら、1夜で死んでしまったと思う・・・。1歳になったところだけど、腎臓病で薬代が結構かかるんです・・』捨てられていた子たち、それも1匹でなく・・・助かった命。大切に育てているんだなぁと思っていると---話は保健所に収容されていく子達に変わり---『魚だって取ったら食べるじゃない。どうして猫は捕ったら必要なところに持って行ったりしないのかしら・・・』この必要なところは、どうやら三味線業者の事を指しているようだった。話の行き先があまりにも唐突に想像すらしない方向に移ったので、その言葉に対してコメントできず、ただただ唖然としてしまった。チャーチの病気のことも忘れ、その人の言った言葉があまりにも衝撃的で、こういう考えの人もいる現実を目の辺りにして、何も言えない自分にもどかしさを感じた。

ジーケさんBlogに子豚を殺すイベントの話が記載されていた。このイベントを楽しむ人にどうやって命の大切さを語るべきなのだろうか・・・。

共に生きる事、命を大切にする事、個々に様々な考えがあるのは当然だけど--楽しむために命を奪う事はどうしても納得できない。それなら、歴史ある闘牛はどうなのか、即答が出来ない。でも、もし、どうしても生かせておけない命なら、せめて苦しくないように死なせてほしい。

皆さんはどんな言葉で、命を語りますか。

光明寺
お寺で供養を受けられる猫さんは
ほんのわずかなのかな。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。