愛しいコたちを綴る

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 実験棟と焼却炉TOP猫ニュース ≫ 実験棟と焼却炉

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

実験棟と焼却炉

タイトルの2つの言葉は、
できればどちらも目にしたくない。
住居の近くに、
ある薬品工場の新研究所が建設予定で、
建設自体の反対や、
研究所の詳細を説明を求める活動等、
最近よく耳にするようになった。

電車からも良く見え、
通るたびに、
今日も実験されている子たちがいるのか・・・
と思うと---
動悸がしてしまいそう。。。

必要な事なのだろうか。
代替ではダメなのだろうか。
専門家ではないので、断言した事が言えない。。。

大型焼却炉とのうわさもあり、
何ともやりきれない思いでいっぱい。

少しでもいい方向に向くように、
何かできる事はないのだろうか。。。

Comment

ありがとうございます。
編集
いや~・・・
知れば知るほど、恐ろしくて、
胸が痛みます。

今、代替法も盛んに研究されている状態なのに、
この計画は、
逆行だし、無意味な死に近いとすら感じます。
市民の恥にも思います。
どうにか・・・
白紙、または大幅縮小にしてもらいたい。
2009年04月14日(Tue) 20:00
編集
長期間の工場閉鎖でもうすぐなくなると聞いていた
(ショッピングセンターになるとまで言われていた)のに
県が他県と競り合い誘致に成功、
新工場建設の運びとなったようです
以前のドリンク工場時代から、動物実験とその死体処理が問題になっていましたが
今度は野球場7面分の広大な延べ床面積を持つ動物実験工場と
1日1.8トン(!)の動物を火葬処理する焼却炉を併設するとのこと
しかもその種類や数については「企業秘密」として一切公表しないそう。

素人ですが…1日1.8トンもの命を犠牲にする実験が
本当に必要なのでしょうか?


2009年04月14日(Tue) 17:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。