愛しいコたちを綴る

2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ チャコのお耳。とちょっとつぶやき。TOPチャコ ≫ チャコのお耳。とちょっとつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

チャコのお耳。とちょっとつぶやき。

24日(火) 仕事を終えて帰宅すると、
ゴハンを待つチャコの右耳が横にペタっとなってる。
時折、気にして後ろ足で掻いたりする。

手を拭くときにお水でも入ったかな~と思って観察。
次の日の朝は、ほとんど傾けたままで、気にする回数も増えました。

耳ダニ? それとも---脳の異常? 気になる。気になる。
断れない仕事のため、この日も出かけて、夕方帰宅。
様子が変わらないので、すぐに病院へ。

診察終了40分前、もう空いていると思いきや---、
旦那の帰りを待って車で来る大型犬で大賑わい。。。
中には繁殖を仕事にしている人が、ワクチン接種に来ていた。
待合室での会話、盗み聞き。。。
「一度、掛け合せて病気の子とか出てしまい、
一時辞めたんですけど、また最近始めました。
ケド、難しいですよ~、ホントに。」
この病院は、里親募集の張り紙も沢山出ていて、
ボランティアで救い出した子の治療も積極的に行っています。
それでも、来る子は、ほとんどの子が血統書犬で、
15万円で買った--なんて話もしていました。
どうもこの手の話を聞いていると、イライラしてきちゃいます。

日々殺される命があるのに、
なぜ掛け合せて新たな命を作り出す必要があるのか。。。
申し訳ないのですが、どうしても理解できないのです。
この時はシーズーと何かの掛け合せ、なんて話をしていましたが、
そんな犬種同士、勝手に掛け合せてミックス犬作るなんて、
え??? びっくり。 今流行りなのでしょうか?

チャコの診察は新人のM医師。一生懸命は分かるんですが、
話が途切れ途切れで、ちょっと不安になりました。
結果は、耳の奥に引っかき傷があり、多少炎症を起しているとの事。
---思い当たるはmarが寝ているチャコを襲撃していたので、
きっとその時に傷がついたかと・・・ たぶん、原因はmarです
耳点薬で、今日は落ち着きました。微量のステロイドが含有。
1週間点けるんだけど、あまり積極的に点けたくないな。。。
まずは、傾け耳の原因が分かってホッとしました。

それにしても---やっぱり犬種って必要なんでしょうか。。。

Comment

カプアンパパさん。
編集
いよいよ今週Randyを成田に迎えに行きます。
今からドキドキです。

やはり、流行りなんですね。
犬種同士を掛け合せたmix犬。
バイオ実験みたいで、
恐ろしささえ感じます。
反対に言えば、
mix犬がほしい人がいるんですね。。。

雑種を連れている方が、病院で端っこにいたり、
「家のは、雑種だから・・・」なんていうのを聞いたことがあります。
私の中では、犬を飼う=犬種関係なしなので、
そんな言葉を聞くと悲しくなります。
カプアちゃんとアンジェロ君は、
犬種はカプア犬であり、アンジェロ犬なのだと思います*^^*

チャコの耳、もう大丈夫のようです。
ありがとうございます。
2009年11月29日(Sun) 14:42
編集
いまやMIX犬というと、純血種犬どおしのMIXばかりですね。
以前、カプアとアンジェロをトリミングサロンに預けたとき、「MIX犬です」と伝えると、「何犬と何犬のMIXですか?」と聞かれてしまうので、「雑種」と言うようにしました。
でも、雑種が劣っている犬のように見られるのは残念なことです。
チャコちゃんお大事に。
2009年11月29日(Sun) 12:46
たいよう母さん。
編集
お引越し、おめでとうございます!

おかげさまでお耳はすっかり元に戻りました。
ありがとうございます。

ブリーダー、
やっぱり現状をご存知の方は厳しい意見が多いですね。
もっともだと思います。
病院で、自慢げに話す人たち、
意外としつけが悪い人が多いです。(これって偏見?)
極論って言われちゃうかもしれませんが、
犬をそういう風に見る人って、
人間に対してもそうなのかなぁって、思ったりもします。
シーズーの持込っ子、
CATNAPさんでもいっぱいいますね。
心が痛み、そして怒りがこみ上げます。
いつか変わるのでしょうか、
いえ、変えなきゃいけないですね。
2009年11月29日(Sun) 01:26
編集
チャコちゃんのお耳、大事に至らなくて良かったですね

異犬種を掛け合わせると病弱な子が出来やすいと聞いたことがあります
心から動物を愛する人間にはブリーダーなんて出来る筈がない。
そう思うのは私だけでしょうか…

今センターではダックスとシーズーの持ち込みが後を絶たないそうです
どちらの犬種もちょっと前にとても流行った犬種です
軽い気持ちで飼い始めて、要らなくなったら捨てる。
そういう親を見て育った子どもがどんな大人になるのか…
考えただけでも恐ろしいです


今日、ライブドアに引越しました
今後ともよろしくお願いします


2009年11月28日(Sat) 23:24
パピコ代理さん。
編集
誰でも最初は新人なんだけど、
患者を不安にさせてはいけませんね^^
チャコ、もうほとんどイカ耳(^^)していません。
ありがとうございます!

ブリーダー、そうですね。。。
私も出来れば無くなれば良いと思っています。
それを求める人がいる限り=商売として成り立つ以上、
無くならないんでしょうね。

自慢げに子の値段を言う人、
そんな人がいなくならない限り、
商売としてのブリーダーは存在し続ける…
そう思います。
どの子もみな同じ命なのに、あまりにも不条理です。
一人でも多くの人の考えが変わって、
世の中全体を変えていけたら良いなっといつも思います。

難しい問題にコメントくれて、
ありがとうございます!
2009年11月28日(Sat) 22:47
編集
チャコちゃん、早く良くなるといいですね。私が行ってる病院にも新米の先生が入ってきたんだけど、やっぱりちょっと不安になっちゃいますよね。。

ブリーダーの話は・・。私、露骨に嫌悪感出しちゃうと思うな。。
血統の子も雑種の子もみんな可愛いし、犬や猫に罪はなくてもブリーダーは・・・ムリです。。
2009年11月28日(Sat) 22:19
にんにさん。
編集
お耳の件、
ありがとうございます。ちょっと心配性で^^;
ステロイドは先生も微量なので、
大丈夫だと言っていました。

チャーチは、旅立つまでの1ヶ月間近く、
一番強いステロイドを痛み止めとして使用していました。
ステロイドもいろいろ種類があるようですが、
治癒が難しい時
(できればそんな場面は無いに越した事ありません…)の、
最後の選択としておきたいなぁ---なんて、
そんな思いでいます。

ネネちゃんの保護主さんはブリーダーさんなんですね。
猫犬関係なく、動物を愛してらっしゃる方だと思います。

一纏めで批判するのは、危険な事と考えつつ、
あえて新しい命を作り出すのであれば、
殺される命を救ってほしいと、単純に思ってしまいます。
掛け合わせで、障害が増える話も聞きます。
オーダーがなく掛け合せて、大人になった子はどうするのか?
そんな不安もあります。
でも、
私たちが何を求めるか、
その部分が一番問われる所だと思っています。
--需要がある限り、
ブリーダーさんには罪がないのですよね。

コメント、ありがとうございま~す☆
2009年11月28日(Sat) 14:02
編集
チャコちゃん、お耳は大丈夫そうですか?
ステロイドはきちんと使えばとても有効なものですが
猫は体が小さいので気になりますよね。

今はMIX犬がはやってるようです。
人間の勝手で純血種やらMIXやら作り出されて
流行が終わった後はどうなるのか…。
うちのネネを保護してくれた方は、後から知ったのですが
スコティッシュのブリーダーさんでした。
この問題についてはいろいろ考えます。
簡単に買って飽きて手放すような人がいなければ
きちんとしたブリーダーさんには罪はないのかな…
と思うのですが、現在は処分数が多すぎるので複雑です。
2009年11月28日(Sat) 12:15












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。