愛しいコたちを綴る

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 辛かった里親募集。TOP大切な思い出 ≫ 辛かった里親募集。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

辛かった里親募集。

2004年の夏、オークションに子猫が出されていると、
猫友さんの間で話題になった。
ほしい人には陸送で子猫を送ると・・

数人の猫友さんとで、
子猫を保護して里親募集しようと言う話になった。
保護の日、私は仕事で参加できず、
3人の仲間が、
車で3時間近くのとある場所まで保護に行ってくれた。
外飼いしているママ猫さん、
そしてあやうくオークションにかけられる予定だった7匹の子を
それぞれ保護、
ママ猫さんは一番近くに住まいがある猫友さんが、
避妊手術をしてリリースしてくれた。
子猫の1匹は保護しようとしてショックを起し、
その場で亡くなったと後から聞いた。
小さくて、目ヤニだらけの子たち、
6匹が近くの猫友さん宅で、
一時預かりしてもらえる事になった。
大地、渚、空、汐音、華音、奈々、
そして亡くなった子には未来と名づけた。

daichi.jpg
大地

sora.jpg
お試し期間中の空

可愛い子たちだったので、
すぐに里親さんが決まると誰もが思っていた。
空君、すぐに声をかけてもらった。
先住猫さんがいるお宅で、お届けしてから
2週間のお試し期間を設けた。
毎日可愛い姿の写真をもらった。そんな矢先に、
空君が病に倒れたと連絡を受ける・・・

突然の嘔吐と発熱、
連絡をもらって数日で旅立ってしまった。
まだ生後3-4ヶ月だった。
お別れにお寺まで行った。暑い7月の終わりだった。
帰り道、涙が止まらず、
近くの駅のトイレでしばらく時間を過ごした。
まだ仮だったけど、
家の子として引き取らせてくださいと言ってくれた。
パルボだったそうです。ワクチンをしたけれど、
抗体が付くのが間に合わなかった。

保護してからずっと下痢を起していた大地、
会いに行くと、抱っこして~といつもスリスリしてくれた。
いつまでも下痢が治らず、薬を飲んでいたけど、
どんどん悪化...原因はFIPの発症だった。
食事も自力でできなくなり、入院。
病気の説明、今後の治療法などなど話を聞いた後、
病院から今後どのような治療をしますか?
と、尋ねられた。
「とにかく、辛くないようにしてください・・・」
最後にお見舞いに行ってから、
数日後に旅立っていった。
大きな手をした茶トラ君だった。
きっとりっぱな猫さんになっていただろうに---

大地の死から気持ちの整理も付かない時期に、
渚が突然具合を悪くする。
ずっと元気で里親さんの話も何件か来ていた矢先・・・!
調子を崩して、あっという間に旅立ってしまった。
大地の後を追うように。。渚と大地は兄妹だった。
亡くなったのは同じくFIPの発症。

大地も渚も私の家で過ごさず、亡くなっていきました。
具合が悪い時期も多く、
思いっきり抱っこしてあげる事もせず、
可哀想な思いをさせたと、ずいぶん後悔しました。

病院からお骨で戻ってきた2匹は、
先代猫が眠る近くのお寺に納骨しました。
支援金や助言、励ましの言葉を沢山頂きました。
1ヶ月の間に3匹が亡くなり、
精神的に大きなダメージを受けましたが、
応援してくれる方がいる事が、救いになりました。

それでも
薬代、治療費、などで、ずいぶんと費用もかさみ、
自己負担の部分で仲間割れをして、
同じ意志を持って始めた活動は、
罪のなすり合いのようになって終わりを迎える事になりました。

子猫の死と、なじり合いのような仲間割れは、
本当に辛いものでした。。。

汐音はステキな家族が見つかり、
里親さんのお宅に行く事が出来ました。
ただ、それから2年ほど経ってFIPを発症、
短い猫生を閉じました。空君と兄妹でした。

華音と奈々は、
一緒に活動していた方が家族として迎えてくれました。
今も---きっと元気に過ごしてると・・・願っています。

初めての里親募集で、小さな命を亡くしたこと、
どうして守ってあげられなかったのかと、
もしかしたら、
元居た場所で過ごした方が幸せだったのか?
しばらく自問自答する日々でした。

6年近く経った今は、
年2回お寺さんで行われる動物慰霊祭に毎回行き、
大地と渚にあの時はゴメンねって、話しかけます。

少しだったけど幸せな時間を過ごせた空、汐音、
里親さんになってくれたMさんとMiさん、
本当にありがとう。
今でも頂いた元気だった頃の写真、
大切にしています。

ただこの初めての経験から、
里親募集をする事の難しさを痛感し、
もうできない、したくない・・・と思ってしまいました。
命を救いたい思いはあるけど、自分のできる形で、
何かしら続けられれば。。。と。
誰でも出来るよと言われるかもしれないけど、
あの時の思いは、トラウマのようにまだ心に残っているのです。

Comment

ゆのさん。
編集
経済的、精神的、肉体的に、
もっと余裕があれば、
もう少し家族に迎えたいと思いますが、
恥かしい事に、今でいっぱいいっぱいです。

無理すると、猫に当たってしまいそうで、怖いです。
言い訳かもしれませんが、
苦しくなく出来る事をしたいと思います。
行政への働きかけとか、
そんな方面でできればなぁとも思います。
--
ゆのさんや、
個人で里親募集している方、いつも尊敬します。

ゆのさんは無力ではありません!
私、いつも感謝しています。
2010年02月24日(Wed) 19:10
編集
読みながら、涙が出ました。
短い一生で、みんな旅立ってしまったのですね。
人間同士が仲間割れしたことが辛いですね。

旅立った子猫ちゃんもお空からみていて、悲しんでいるかもしれませんね。

わかります。すっごく!!
たすけたい気持ちがあるのに、里親探しできないって気持ちになることが!!

私も里親募集できない辛さでかなり落ち込んだことがあります。
トラウマになりますよね~。
ミ○シーで野良猫の里親募集の、トピをたてたんです。

なのに、こいつは詐欺だとか、邪魔してくるひととかいるのです。
今まで二回トピたてて、
ひどい言葉を書かれて、トピ消してたすけてあげられなかった
ことがありました

もうその野良猫がいるところには行っていないので、どうしているのかもわかりません

元気でいてほしいと願うしかありません・・

チャチャ丸さんと一緒に何かできたらいいのになって感じました・・
無力ですけど
これからもっと仲良くなれたらと思いました~!!


2010年02月23日(Tue) 12:01
パピコ代理さん。
編集
ホントに---同じ志なのに、どうして?
って思いました。
ピコ代理さんの悩みや迷いは痛いほど分かります。
でも、
命を救う大切な活動なので、たくさん迷って良いと、
私は思っています。
だからこそ、その大切な命と向き合って、
幸せな道を繋いであげることが出来るんだと・・・!

ご家族は最終的に味方になってくれる方なので、
違った意見でも是非耳を傾けてあげてください^^
男性の意見って、まったく異なった視点だったりするので、
"時々" ^^;なるほど~と感心します。
↑わが家の場合。。。
2010年02月21日(Sun) 23:14
編集
チャチャ丸さん・・・。そんなことがあったんですね。そんな中、私を励ましてくれてどうもありがとう・・。
保護したり、里親さんを募集したりってお金もかかるし、精神的にも辛いけど、いつも一番難しいのは人間関係だと思います。助けたいっていう思いは同じなのに、ね。
だから私、自分ひとりでできる範囲のことしかやらないんです。でも自分=家族だから、結局一人ではなくて、それでケンカもしちゃうんですけどね。。
2010年02月21日(Sun) 12:23
ねこまねきさん。
編集
こちらこそ、優しいコメントをありがとうございます。
私の庭にシロ君がいたら、迷わず保護できたか…
自信がありません。

無理をしないで行動に移すことで、
救われた子も幸せが掴めると思います。
無理したら、焦る気持ちとイライラで良い結果が出ないかもしれません。
---なんてこれは、出来ない自分の弁解かもしれません・・・

私は、
ご家族の気持ちも分かりますが、
ねこまねきさんのシロ君に対する気持ちに感謝の念でいっぱいです。

どの子も、みな幸せになってほしい。
思いは同じです。
そんな日が早く来るように、
出来る形で活動していきたいです。
2010年02月20日(Sat) 22:29
編集
チャチャ丸さんの優しさは
辛い思いをされたからなんですね。
救えなかった命も大変な経験も
全てムダな事は何も無いはずですよね。

実は、シロ君をうちに迎えるに当たり
家族で衝突がありました。
子犬と病気を持った大人の猫が
一気に増える訳ですから・・・。
人それぞれ考え方があり、何が正しいか?
正解は無いのかもしれません。
ただ、動物にとって一番いい方法を考えて
行動する。そのことにつきるのだと思っています。

保護活動を積極的にされている方には
本当に頭がさがります。
私は今、目の前にいる子達を
責任をもって見ていく。
それしか時間も心の余裕もなくて・・・
思いはいっぱいあるのに
なかなか行動に移せないでいます。
2010年02月20日(Sat) 20:21
にんにさん。
編集
大きい会社だから安心は、
迷信のようなものですね。
ITSのシステムには驚きました。

そうなんです。猫さんには何の罪もない---
手柄を立てたいとか>_< そんな次元ではなく、
ただただ幸せになってほしいだけです。
それには費用もかかるし、
時間も要する。
どうしても一人では無理な時もある。
自分自身にいろいろと余裕がないと、難しいですね。
辛かったけど貴重な体験でした。
これからも慰霊祭の時には、
思い出と共に、
保護について考える時間にしたいと思っています。

歌舞伎町猫さんは、
にんにさんにとって、
いろいろ大変だったのかもしれませんが、
幸せたよりを拝見できるので、
私はいつも良かったなぁ...と
しみじみ思っていますよ。
(外野的な視野でスミマセン..!)

FIPの治療方法、早く確立してほしいですね・・・!!
2010年02月19日(Fri) 20:07
編集
ホタテ、食べてくれて良かったですね。^^
ipodの件はニュースで見ました。
相当大きな会社でも、消費者対応の窓口が整備されてなくて、丸投げ、しらんぷりの所もあります。仕事でそういう会社にあたると、びっくりするやらあきれるやらです。

里親募集は難しいですね。募集自体も大変ですが、人間関係が一番疲れます。ホームレスキャットの時は、任せてもらって自分で全部やったので責任重大の反面動きやすかったですが、歌舞伎町猫の時は実は散々でした。いろいろ見てきてこんな保護主の手伝いはとてもできない…と思うケースが少なくないです。でも猫にはなんの罪もなくて、幸せにしてあげたいのは山々なので本当に大変です。里親を見つける活動は誰にでもできますが、いい形でできるかは別問題なのですよね…。うちのちぃちゃんも一度FIP疑惑がありましたが、いろいろ辛かったと思います。でも猫たちのためにありがとうございました。
2010年02月19日(Fri) 13:07
しゅぽぽさん。
編集
生きている間は、治療する事しか出来ませんでした。
もっと抱っこしてあげれば良かったって思いから、
毎回慰霊祭に参加してます。
みんな、
可愛い子たちでした。

猫友さんに、
あの場にいたらボロボロになって、
誰にも気づかれずに死んでたよって言ってもらったこと、
今でも忘れません。
2010年02月18日(Thu) 23:59
編集
動物慰霊祭に参加されているのはブログで知っていましたが、
そんな辛い経験をされていたんですね


涙がとまらない、、、
2010年02月18日(Thu) 21:36












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。