愛しいコたちを綴る

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 白サバ君、その後のその後。TOP未分類 ≫ 白サバ君、その後のその後。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

白サバ君、その後のその後。

酷い疥癬で保護され治療を受けていた白サバ君、首の皮膚もすっかり回復に向かった様子で、5日、リリースされます。その事を3日ほど前に、お隣のお家に伝えに行くと、「家の子として、迎えてあげようかと思って・・・」と言う嬉しい言葉を頂きました。その方は、すでに2匹の先住猫さんがいます。---ふと気になりました。何も尋ねられなかったけど、白サバ君の健康状態はどうなんだろうか・・・ウイルス検査やワクチン接種は? 間に入っている都合、聞かれなくてもやはり伝えるべきではないかと・・・そこで、保護、治療をしてくれた団体の方に尋ねると、FIVの陽性の結果が出たとの事。もちろん発症はしていません。---お知らせない訳にはいかず、今夜遅くなって、お隣の方にその旨伝えました。猫を飼っていらしても、病気についての知識はあまりお持ちではないようで、ただ怖い病気・・・と言うイメージを持っていたようです。獣医でもない私がいろいろと説明するのは筋違いと思い、代表の方と直接話していただくようにお願いしました。---のちにお隣から電話を頂き、明日予定通り、お庭に連れてきてくださいと・・・。

白サバ君に関して、私とNPOの方と、お隣と---3名の人間が関わり、それぞれが今無理せずできる事をして、そして瀕死だった白サバ君が第2の猫生を歩もうとしている。私の関わりはとても中途半端で、他のお2人から比べれば微力であった。・・・でも、もしNPOの方に連絡をしなかったら、きっと白サバ君の疥癬は今のように治りはしなかったと・・思う。自己満足でも---自分の出来る事を精一杯やったんだと思うようにしよう。

このところ自信が持てず、後悔ばかりしていた私。---今回の事は、小さな力かもしれないけど、良くがんばったと自分で自分を誉めても良いですか?  チャーチ、チャコのことも白サバ君のことも、守ってくれてありがとう。

p.s.チャーチ・・・会いたいよ。。。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。