愛しいコたちを綴る

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 悲しみから怒りへTOPつぶやきも含め・・・ ≫ 悲しみから怒りへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

悲しみから怒りへ

昨日は落ち込んでいましたが、
だんだんと怒りに変わって来ました。

原発の事故は天災ではなく人災です。
この記事を読んで、言葉を無くしました。
コチラ
Linkきれしたら困るので、下記に貼り付けます。

福島第一原子力発電所4号機で16日朝に発生した2度目の火災を巡り、東京電力は同日の記者会見で、「1度目の火災で鎮火したことの確認をしていなかった」と、確認を怠っていたことを明らかにした。火災場所は前日と同じ4号機の北西部分で、社員が目視で鎮火したと思い込んでおり、同社のずさんな対応が浮き彫りになった。

東電の大槻雅久・原子力運営管理部課長が、同日午前6時45分の会見で公表した。1度目の火災は、15日午前9時38分に発生し、東電は同日、「午前11時頃に自然鎮火した」と説明したが、大槻課長は16日、「社員が、目視で炎が見えないのを確認しただけだった。申し訳ない」と謝罪した。実は1度目の火災が鎮火していなかった可能性を報道陣から指摘されると、大槻課長は「放射線量が高くて現場に近づけず、確認できない」と釈明した。
東電によると、火災確認後、社員が2度消防に通報したが、つながらなかったため、放置していた。
2度目の火災は16日午前5時45分頃、4号機の原子炉建屋から炎が上がっているのを社員が確認。午前6時20分に消防に通報した。
東電によると、福島第一原発では通常、協力企業の社員を含めて約800人が作業を行っているが、被曝の危険性が増した15日、70人を残して福島第二原発などへ退避させた。 最終更新:3月16日(水)12時45分 Yomiuri Online


こんな人たちに私たちの明日を託していいのかな....
いろいろな意見があると思う。
批判するのは誰でも出来る。
でもコントロールもできない危険なものを
安全と言って作ってきた罪は重い。

どうかこれ以上、被害が拡大しませんように。

Comment

>ゆのさん。
編集
私も思います。
報道が入って、
孤立している人を見つけた場面もありますが、
こんなに次々と現場に到達できるんだ…っと
不思議な思いで見てました。
心無い報道陣、いますね。
驚いてしまいますね…。

億単位の義援金が今どのように使われているか、
分かるサイトがあるといいなぁと思いました。

皆さん、寝る時間もなく一生懸命なのは、
とても良く分かります。
必要としている人の所に、
必要なものが1日、半日も早く届いてほしいです!
2011年03月17日(Thu) 23:53
編集
そうですね

今日は、特に寒いですね
家のなかで
暖房つけていても
冷え性のわたしは、寒くて猫背になっていますが

贅沢なはなしですね
かなりのたくさんの人達から

義援金など集っているのに
避難所に格差がでていたり
おにぎり一個くらいなのは
なぜか不思議です。

交通の関係で届かないのもあるとおもいますが
私が怒りを感じていることは、アナウンサーというのか
レポーターというのか・・の男どもの被災者への礼儀のない言葉づかい
話し方です。 

あとテレビのカメラのひとにもです。 メッセージを書いた紙を持って話しておられるのだから その紙の文字もうつさないで 被災者の顔ばかり、うつしているのです

壁に貼られた安否がわかるメッセージもうつしていけばいいのに。うつさないので 全然気がきかないなと、イライラしました。
ベテランの小倉アナや、ゼロの村尾さんなどは 涙ぐんで伝えてくれます。
心がこもってますよね。現場に行ってる、感情のない失礼な報道陣を行かせるのをやめて、
ボランティアに行ってもらえるようにもできていないのに・・って不満に思っています

不満書いて申し訳ございません・・


 
2011年03月17日(Thu) 21:37
>ゆのさん。
編集
危ないものは沢山ありますが、
人間の力でコントロールできないものを人間が作り出す必要があるのかと、
大きな疑問です。

新しい命が、
安心して育つ社会を作っていく事が大切ですよね・・・!
2011年03月17日(Thu) 01:10
編集
しりませんでした・・

原子力の発電をやめて
全部電気化にしたほうが
安全なのでしょうか??

色々考えさせられますね・・

悔しいとも
腹がたつことも
かなしいこともいっぱいですね

人生って・・

生きるって 大変なことなのだと思いしらされています

そんな大変ななか、
妊婦さんが
自分で開いてる産婦人科を探して、無事出産なさったことを
テレビで知り

子のために、母は強いなーと感激しました。

はなしそれてすみません・・
2011年03月17日(Thu) 00:44












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。