愛しいコたちを綴る

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ marのワクチン接種。TOPmar ≫ marのワクチン接種。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

marのワクチン接種。

23:43【追記】 mar君、やはり発熱。呼吸がとても早い。15:00ぐらいまでは食欲もあったが、夕方からほぼ寝たまま。20:00過ぎには排尿、排便あり。状態は前回よりヒドイようにも思う。先生が話してくれたように、ヘルペスウイルスが暴れ出しているのか。。。ちょっと心配。mar!がんばれ!! 明日はどうか元気なmarに戻って。---今後のワクチン接種について、ちょっと考えさせられてしまいます・・・。marと同じような症状が出た子がいましたら、是非コメントください。

------------------marのワクチン接種を。今日は初めて院長に診てもらいました。数年前に受けた4種の時に発熱と食欲低下が酷く、3種の時も軽い症状が出た話をしたら、それはワクチンそのものによる副作用ではない様に思う・・病院で緊張する事した状態でワクチンを接種すると、その後の個体の抵抗力を弱めてしまう事もあるので、今日は、この場所(奥の処置室ではなく診察室)で行いましょう。と。それでも話を進めていくうちに、人間に対して恐怖心をあまり持たないのであれば、もしかしたら---ヘルペスのキャリアなのかも。という事に。いつもの涙目もきっとヘルペスによるものではないか・・

ヘルペスは------最初に感染(初感染)した後免疫ができても、体力の低下や外傷などの機会があれば再発を繰り返す。
潜伏するヘルペスウイルスまでは現代医学をもってしても退治することはできない。暴れているウイルスの増殖を抑えたり、現れている症状を抑えたりすることはできるので、適切な処置をするのが早ければ早いほど、症状はそれだけ軽くすみ、回復も早くなる---

涙目の治療は、抗生剤の目薬(人間用)を差す事での対処療法のみ。涙によって他の弊害がなければ、そのままで心配はないと言われました。
院長は、シンプルに病気を考えましょう。と言ってくれた。物事に対してとてもはっきりとしていて、理路整然とした話は、不安を取り除いてくれる。接しているだけで元気が出る。暑かったけど、行って良かった!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。