愛しいコたちを綴る

2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 怖いんです。TOP取り残されたコたち ≫ 怖いんです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

怖いんです。

環境省と福島県獣医師会で、
一時帰宅に合わせて残された犬や猫を保護予定だった。

でも、線量が高く難航していると…

と言う事は誰も助けてくれない?
自宅に戻れば生きているかもしれない命を
連れて来れないって、どういう事でしょう。

住民は線量の高い自宅に戻るのだから、
同行すれば良いのにと思います。

時々聞かれる言葉、福島以外の人から
汚染されてると言われたくないと...
外野は黙っていてほしい...と

私は福島だけの問題ではないと思ってます。
原発があれば、全国どこででも起き得ること。
たまたま今回が福島県だっただけで。

黙っていたら、加害者は助けてくれるのでしょうか。
待っていれば、助けてくれますか?

声を上げなければ、
都合の悪い事は無かったコトになってしまいそうで、
実はとても怖いんです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。