愛しいコたちを綴る

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 222の日TOPmarとチャコ ≫ 222の日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

222の日

昨日は、ニャンニャンニャンの日でした

今頃になって
3・11の真実みたいなニュースが流れます。
それでも再稼動したい人たち、
どこか他の星に行ってほしい。
命はもちろん、大地、水、空気、空、海、
地球規模で汚染まみれにするのは、
もう止めて!!! 
守りたい命がある人は、きっと同じ思いのはず。


20120222_2.jpg


どんな事があっても、アンタたちを置いて避難しない。
何もない事を願うけど、
もし何かあっても、みんなも一緒に避難してね。
家族なんだから...

mar、チャコ、ずっと一緒。

Comment

☆mh21さん
編集
いつもありがとうございます。

残されても必死に生きているコ
がんばったけど力尽きたコ...
どのコも人間の勝手で、不幸になったコです。

どんな事があっても、
守ってあげないと--
弱い命なんですもの。
家族なんですもの...

仰るように、私たちがしっかり
主張しないと、大変な事になってしまいそうです。
2012年02月24日(Fri) 01:25
☆よっちんさん
編集
いつもありがとうございます。
たとえ一晩であっても
離れ離れになれません!!

私たちからそんなの考えられませんと、
ちゃんと主張しないと、
二度と会えなくなってしまうかもしれない...
そんな不安があります。

福島では、ちょっとそこまでのつもりが、
そのまま帰れなくなったそうです。
国は同行避難を呼びかけているのに...
納得いかない現実です。
2012年02月24日(Fri) 01:21
家族はずっと家族です!
編集
わたしも、家族をおいていくのは考えられません。

残された動物たちは
何を思うでしょうか?

なにがあるかわからない、
不安な世の中。
個人がしっかりせねばと
思いました。
特にペットは
自分で逃げられないですし。
2012年02月24日(Fri) 01:18
編集
そうですね、置いてくなんて絶対できない!です。

なにがなんでも誰に何を言われようが
一緒にいます。

岐阜県だったかな、非常災害時にはペットもちゃんと連れて非難するように決めたそうです。

アメリカなどでは、確かそう決まっていますよね。
日本は自治体に任せてばかりで、だから住んでる場所によって違いが生まれる。
こういうことは各自治体で決めるってより、国がそう決めればいいんじゃない?って思います。
2012年02月23日(Thu) 20:55












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。