愛しいコたちを綴る

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 大地と渚の慰霊祭TOP大切な思い出 ≫ 大地と渚の慰霊祭

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

大地と渚の慰霊祭

2004年7月、
オークションに出されている仔猫を救いたいと、
有志で立ち上げたサイト、
オークション仔猫を救いたい

minna-1.jpg
左上  大地/空/汐音
左下  渚/華音/奈々 


どうにかして仔猫を助けたいと、
今は無くなってしまった
迷子を捜すサイトで知り合った仲間と保護に乗り出した。
あとから分かった事・・・この時だけではなく、
毎年のように仔猫が生まれては
オークションに出していたらしい。

保護の日は仕事でいけなかった。
7匹仔猫を保護したけど、1匹はその場でショック死、
母猫さんはsaoriさんが避妊手術をして、
リリースしてくれた。

車で長距離の移動で、
6匹の仔猫たちを一時預かり宅へ。

里親募集を始める…
その頃は、まだBlogも出来たてホヤホヤの頃で、
サイトを作れる人もわずかしかいなかった。

保護に乗り出した仲間も
里親募集など全てが初めて...

保護した6匹は、健康状態が芳しくなく、
茶シロの大地は、ずっと下痢をしていた。
一番最初に声がかかった空君は、
東京のお宅でお試しが始った。
幸せに過す空君の写真を何枚ももらった。
そんな幸せを掴む事なく、大地はFIPを発症して、
治療の甲斐なく、小さな体のまま旅立ってしまった。

程なく、
空君の里親さんから体調を壊したと連絡をもらい、
無事を祈っている間に---
あっという間に旅立ってしまった。
パルボウイルスだった。
あんなに幸せそうだったのに...
信じられない思いだった。

それから間もなく、汐音ちゃんに良いご縁が来て、
お試しが始り無事里親さん宅のコに。

残された3匹の内、
奈々ちゃんと華音ちゃんは、
仲間が引き取り、渚ちゃんには、
何人かの方が声をかけてくれたけど、
完全室内飼いなど、理解が得られず
預かり宅に8月末まで残っていた。
ずっと元気に過していたのに、
急に熱が出て---大地と同じ症状に陥り、
治療の甲斐なく、
同じくFIPで小さな体のまま旅立ってしまった。

大地と同じ病院でお骨にしてもらった渚ちゃん、
二つの小さなお骨は私が引き取り、
市内にあるりっぱなお寺に納骨した。

年二回、動物慰霊祭が行われる。
春の慰霊祭。4/15にありました。

4_15_2.jpg 4_15_1.jpg 
今年は桜の開花が遅かったので、
間に合いました!
4_15_3.jpg 
とっても立派なお寺、
人間のお墓は---
とてもじゃないけど買えないお値段
でも大地と渚はここで眠っています!

4_15_4.jpg
海に出て
しばし大地と渚の事を思い出します


治療のために相当費用もかかり、
それが理由で仲間割れ、
立ち上げた掲示板には、
仲間の一人が他人を装って
私を中傷するなど、
一緒に里親募集した人とは、
ケンカ別れとなりました。

唯一里親さん宅に行った汐音ちゃんも、
一年後にFIPを発症して亡くなりました。

私にとっての里親募集は、苦い思い出だけが残り、
最初で最後になってしまいました。

人懐こかった大地、ずっと具合が悪くて、
抱っこしてあげられなかった。
今でも写真を見ると涙が出てきてしまう。

せめての償い・・・
年二回の慰霊祭は必ず参加して、
支援してくれた方に対しても、
今後もご報告したいと思っています。

今皆ニャンが生きていたら、9歳になっていたんだね。
チャコと同じぐらい。
幸せにしてあげられなくて、ゴメンね。

オークションでは今でも生体販売をしています。
陸送で届けるなんて--ふざけています。
一日も早く禁止になれば良いと思っています。

Comment

☆Big familyさん
編集
そうなんですよ。
生体オークションは、
ヤフーでも行っています。
簡単に見られると思います。

中には陸送もあって、
もう、考えられません。
モノじゃないんだからーーー!

早く動物先進国の仲間入りしたいですね。

保護活動で、胃炎も起こしてしまい、
尻尾を見るのが怖くなってしまいました。
できれば、後方支援や環境省にプッシュしたり、
違う形で関わっていきたいと
軟弱に思っています。

今晩は、寝る時に、
チャーチの名前を呼んで見ます。
2012年04月24日(Tue) 23:09
7匹の仔猫
編集
オークションの生態販売、初めて知りました。悲しいですね。

7匹の仔猫達、皆命の長さが違っても、短命でも...最後にチャチャ丸さん達に救われただけでも、僅かな時間でも優しさに触れられただけでも幸せだったと思いますよ。

そして最初の里親探しが苦い思い出になってしまった事。ドンマイです。私も含め、多くのボランティアさんが、同じ悩みや経験しています^^;(付き物ですから)

私の場合、夜寝る前に電気を消した後、目を閉じて天国に召された子達の名前を呼びと枕元に気配を感じる時があります。姿は見えませんが来てくれたと信じています^^;寂しくなった時に、たまに呼んでいます。
1日も早く、動物先進国になりますように(祈)

2012年04月24日(Tue) 22:54












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。