愛しいコたちを綴る

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 血液検査のイロハTOP未分類 ≫ 血液検査のイロハ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

血液検査のイロハ

先日marの血液検査を行ったけど、これで何が分かるのか。。。以前から気になっていた血液検査の事を書き留めていきます。
まずは血液の成分と働きから-----

【赤血球】体に必要な酸素と不要になった二酸化炭素を運ぶ。赤い色はヘモグロビン。
心臓から送り出された赤血球は酸素を運び鮮やかな赤色をしているが、心臓に戻る時は身体から発生する二酸化炭素を運ぶため黒っぽい褐色となる。

貧血は赤血球に異常が生じた状態。腎臓病などの慢性疾患では症状として貧血が見られることもある。

【白血球】白血球は好中球、好酸球、好塩基球などから成り、その性状の違いから分けられている。主として色々な病原体から身体を守る働きをしている。
好中球・・・細菌やウイルスなどから体を守る働き。白血球の中で一番多く存在し、外部から侵入した細菌、ウイルスと戦い、感染症などから体を守る。
好酸球・・・アレルギーなどに関与。大型の細胞で酸性を示し、アレルギー症状が出たときは増加。 
好塩基球・・・リンパ球とともに体を守ろうとする。心身に異常のない正常な状態ではほとんどない。
その他・・・ 大きな核をもつリンパ球は免疫システムに重要な働き行う。他には炎症が長引いたときなどに見られる単球という大きな細胞がある。
白血球は白血球数(WBC)と白血球の百分比(%)で表す。

その他、血小板・血清・繊維素がある。また血液の液体成分は単に細胞成分を浮かべて身体のすみずみにまで送るだけではなく、全身の細胞に与えられるタンパク質や、体内で作られた老廃物なども含まれ、運ばれている。

【血液一般検査(CBC)】
血液成分の数・形などを調べる検査で血液中の赤血球、白血球の数量や沈殿状態(濃度)などを調べる。血液病が疑われるときのスクリーニング検査。貧血や炎症などがわかるため、全身的に状態の悪いときや健康診断、麻酔前検査として広く実施される。(分かる病気)貧血や炎症、白血病などの血液病。高タンパク血症や低タンパク血症、黄疸。フィラリア症。など。

【血液生化学検査】
血液中に含まれる酵素などを調べることでいろいろな臓器の状態や機能を調べることができる。しかし生化学検査で得られるデータが完全にその動物の状態を示すものではない。動物の健康状態を診断するには他のいろいろな検査や普段の状態を知ることも大切である。

【血清検査】
感染症などに対する抗体を検査する。抗体反応から肝炎や癌などの可能性もわかる。
■ウイルス検査---ネコ白血病ウイルス(FeLV)、ネコ免疫不全ウイルス(FIV)、ネコ伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)の検査が一般的。FeLVはウイルス抗原の有無、FIVは抗体の有無、FIPVは抗体の量(抗体価)をみる。(分かる病気)FeLV,FIV陽性では、これらのウイルス感染が示唆される。FIP陽性ではFIPVが属するコロナウイルス感染は示唆されるが、FIPの診断は抗体価、臨床症状、血清タンパク泳動などを組み合わせて行う。抗体価が高いからと言って必ず感染しているとは限らない。

フ~。。今日はここまで。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。