愛しいコたちを綴る

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 完全室内飼いとエイズワクチンTOP猫について考えてみる ≫ 完全室内飼いとエイズワクチン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

完全室内飼いとエイズワクチン

完全室内飼いって、そんなに難しい事なのかな...

病気、ケガ、事故、迷子、虐待・・・
外に出て受けるリスクの方がずっと高い。
本当に可愛いなら、外に出せないと思うのだけど...

知り合いの猫好き(自称)の方、
今でも毎日外に出している。
出さないでって頼んだのに。

出したまま、遠くにお出かけもしちゃう。
そして帰ってきても、身体を拭かない。

---新しいコがいた。
『このコは外に出さないの』
でも、先住猫は出すし、そのままお家に入れている。
そして一緒に遊び、寝ている。
ノミだって移るし、ウイルス系の病気も。

『大丈夫、エイズのワクチンも打ったし』

エイズのワクチンについてはいろいろな説がありますが、
その中でも防御率は70% 辺りが一番多い。

またエイズにサブタイプと言うものがあり、
そのタイプによっては、
防御率は未知数と言う記述もあります。

詳しく書かれているサイトがあったので、
ご紹介します。

ワクチンや病状などについて コチラ  
子猫のへやさんより 猫に関する情報満載!

もう1つ!
ワクチン接種について
猫エイズの豆知識さん より

ワクチンの副作用も心配、
そこまでして、外に出すのは、なぜなのか、
私には理解できない。

わが家のコだって、賢いから、
たとえ外に出ても絶対に戻ってくる。
でもそんな問題じゃない...
帰りたくても帰れないアクシデントだって必ずある。
201206marチャコ
お外に出なくても
ストレスを抱えない毎日を提供してこそ
本当に猫好きな飼い主さんじゃないかな...

Comment

編集
おひさしぶりです。元野良猫の23匹を完全室内飼いにしていますが、外にでたがらないし、安全にくらしてくれています。幼い頃に実家で猫と暮らしてたときは、外出自由でしたので、事故で亡くなっています。今では完全室内飼いできる飼い主と、避妊去勢手術ができる飼い主こそが良い飼い主だと実感しています。あ・・そして一生一緒に暮らしていく飼い主こそが、最高の飼い主ですよね
2012年07月01日(Sun) 05:28












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。