愛しいコたちを綴る

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 甲状腺機能亢進症の症状について。TOP未分類 ≫ 甲状腺機能亢進症の症状について。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

甲状腺機能亢進症の症状について。

チャーチの甲状腺機能亢進症について、kayさんからコメントを頂いたので、part2を設けてみました。

チャーチの正式な年齢が分からないので、元気すぎたと言うのが何歳にしては元気すぎると、断定できず、曖昧な表現しか出来ない。症状として現れていたのは、以前よりも(少なくても過去1~2年より)活動的。高い所を登ったり降りたりする。時々、ニャーオ~ン、ニャーオ~ンと大声でなく(回数が若干でも増える)食欲が衰えない。推定年齢10歳以上になってもコメットや紐などで喜んで遊んでいた。朝、もどす事があったが食欲はあり、元気。 そして今にして思えばそれほど暑くない日に熱中症=脱水症状を起した事。 病気の診断をしたN先生は最初に診察したチャーチについて『目がギラギラしていた』と表現していた。その他、心拍数の上昇、呼吸の回数の上昇も出るので、疑いをかけて診察すれば分かる病気だと思う。そしてなによりも血液検査を行えばすぐにその結果次第で病気かどうか判断できるので、診断を下すのは難しくないと思う。

この病気を把握していない獣医もまだまだ多いのではないかと・・今までの経験から思ってしまう。

この病気の発見が遅れた事から、他の臓器の低下が進んだように思うので、1つの病気の発見は、とても大切だと思っています。

■この病気の猫さん、初期症状と診断時の様子を是非教えてください。

>kayさん。はっきりと年齢が断定できなくてゴメンなさい。いろいろな所を見ても高齢の猫、老猫に多いと記してあります。では高齢っていくつ? なんでしょうね。人間は確か65歳から高齢って区別しているのかな~。40歳以上は中年?

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。