愛しいコたちを綴る

2005年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2005年02月
TOP ≫ CATEGORY ≫ みなニャン
CATEGORY ≫ みなニャン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

完全室内飼いのきっかけ。

チャーチは、
元の飼い主の頃、外っ子だった。
外が大好きで、
わが家に来てからも
自分の要求が通らなかったり、
具合が悪くなると、(一度なったストラバイト)
外に行きたがった。
私もあまり出たがるので、外に出す事もあり、
完全室内飼いではなかった。
今まで長い間過ごしていた場所だから、
安全だろうと思って---

しばらくして、
こげんた君の事件を知った。

手離す?

「いつでも里親募集」を見ていると、
家庭の事情で、
わが子を手離さないければいけないので、
新しい家族を探しています・・・
って、意外と多いのです。

どんなに辛いだろうか・・・
もう少し頑張れないのだろうか・・・
もし自分がそんな立場に立ったら?
この先絶対にそのような状況にならない自信はあるか?

いろいろと想像してしまう。

チャコを家族にする時に気になったのは、
自分の年齢とチャコ(marも)の寿命。
赤ニャンよりチャコを家族にしたいと思った理由は、
赤ニャンは大人猫より早く里親さんが決まる、
そして、何よりも
大人猫さんが好きな事も理由の1つだけど、
もし自分が病気になったり、先に寿命が来たり!?・・・
そんなコトも視野に入れて、大人猫さんを探した。

ずっとずっと一緒に居たい。
それが叶わないさまざまな理由があったとしたら・・・
イヤイヤ---考えたくもないけど現実多い事を知って、
自分の健康も考え、
今の生活をがんばって続ける努力もしなきゃいけない!


mar、チャコ・・・!
私が最期をしっかり見届けるからね。。。
そう、チャーちゃんのように、
私の腕の中で最期を迎えてください。

幸せな日々を送りながらも、
ふっと先の、
いつか来る日の事までも、
いろいろと思い巡らしてしまいました。

09_4狭いとこ、好き
チャコが始めて来た時のくつろぎ場所、
ケージの中のダンボール。
暖かい日はここが好き。

整理中に見つけた大好きな写真。

2003チャーチとmar ご対面!チャーチとmar。
ご対面。

2003年の初夏です。


チャーチ、毛がつやつやで、とてもキレイな顔をしている。
思わず写真を撫でてしまいました。
marはやせっぽちで、貧相です
-------
チャーチもmarも、そしてチャコもみんな外で過ごしていた子。
恐ろしい体験や、辛い思いをして、
何度も死にかけた事もあったと思う。
そんな中、逞しく生きてきてくれて、本当に頑張ったねと--
改めて褒めてあげたい。
沢山の頑張りがあったから、私と出会ってくれたんだものね。

ずっとずっと、これからも---
死んでも一緒に居ようね。
心の底から愛してる。。。
チャーチ、mar、そしてチャコ。

チャコは妖精のよう。

のび~
最近、チャコがチャーチからのプレゼントのように感じる。
とても優しくて、賢くて、
marをいつも大事にして、そっと私に寄り添い、
そして目が合うと、ニャーと鳴く。
愛おしくて妖精のように可愛い。

夜は、枕の横の毛布の上にまあるくなっていつもいる。
明け方、気がつくと肩の上にお尻を向けて寝ている。

チャコ、チャーチに言われて来たの?
茶トラの女の子を亡くして、毎日泣いてる人がいるから、
傍にいてあげてって、言われたの?
イタズラ坊主がいるけど、甘えん坊だから、
仲良くしてあげてって、言われたの?

チャーチ、
チャコちゃんはあなたと同じぐらい可愛くて、
愛おしくて、大切な子です。
あなたを愛したように、
まだまだ愛し足りなかった分まで、
チャコを大切に、毎日を過ごします。

チャーチ、ありがとう。
チャコとの毎日、幸せに過ごしています。
まだまだ会いたいくて涙が出ちゃう時もあるけど
心配しなくて大丈夫だよ...

なぜか・・・いろいろと。。。

200812 好き好き! marが旅立つ時は、きっと自信を持って、「marはわが家に来て幸せだった!」って言える。里親募集されていた時は、仔猫じゃなかったし、KYでわがままで、ちょっとビッコで、涙目で、一般的に可愛いと思われる子じゃなかった。保護主さんと一時預かりさんの家を行き来し、里親の名乗りもなかなか挙がらず、一時預かりのお宅からもあとわずかで引き上げなければいけない状態だった。そんなmarに私は、里親募集時の写真を見て一目惚れしたんだけど。チャコも大人猫さんだったし、外猫さんだったし、mar同様、私以外に里親になりたいと候補なっていた人はいなかった。でも、私が家族にしたい条件を全て満たしていた。何度か里親募集の写真を見ていたけど、見れば見るほど、会いたくなった。そして、相愛の中となり、お互いに幸せだね!って自信を持って言えるんです。でも、チャーチがわが家の子で幸せだったか、自信が持てない時がある。チャーチは、私が一人で育てた初めての猫さん。食卓の上に乗ったりつまみ食いしたり、トイレ以外でウンPをした時は、厳しく叱ってしつけてしまった。marのように強い性格で逆切れすれば良かったけど、従順なチャーチは、大人しく私に叱られてそのまま何度も外に逃げようとした事もある。猫嫌いだったチャーチを知っていながら、marを迎えて、きっとチャーチは自分を裏切ったと感じたと思う。

そんな事もあり、チャーチが私の家族で幸せだったのか、自信が持てなくなる時があるんです。その上、当初病気の知識もあまりなく、早い時期に対処してあげられなかった。。。今更こんな事言っても、チャーチが戻ってくる訳じゃなく仕方ないんだけど---  チャーチにしてあげられなかった事、marとチャコには、その分できる事をしたいと思っています。

もし、チャーチ、夢で逢えるのならば、私の家族で幸せだったと言ってください。もう一度、生まれ変わっても私の家に来てくれると、言って下さい。 私は何回生まれ変わったとしても、チャーチと暮らしたいと思います。今でも、できるなら、もう一度チャーチと出会って、最初からやり直したいと思っているから。

mar、チャコ、あなた達が旅立つときは、何にも後悔しないように、毎日向き合っていきます。

チャーチの前例があったから、marとチャコが仲良しになれた事は、私にとって何ものにも変えがたい喜びなのです。変わり者でわがままなmarを、チャコ、これからもずーっと好きでいてください。

|ようこそ|
ご連絡はコチラ

チャーチ推定13歳。'99 5月よりわが家の長女に。'08年6/7(土)未明に静かに旅立ちました。

mar(マール)推定13歳。'03/7月よりわが家の長男に。足に大ケガをしてウジだらけで倒れているところを保護される。大らかで健やかに育つよう保護主さんがmar(海)と命名。のんびりマイペース、ドジな自信家

チャコ 推定12歳 '08/8月よりわが家の次女に。外猫さんだったチャコ。ある日妊娠のためお腹が大きく膨らんでいる所を、じぇいなすさんに保護される。
|トラックバック|
|QRコード|
QR
|願い|
|検索フォーム|
|ブロとも申請フォーム|
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Material by amu*ca
Powered by FCブログ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。